スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/12のツイートまとめ

UmiTaroh_1

滅び行く国 http://t.co/CK68oZt via @UmiTaroh_1中国はガス田開発で日本と交渉したくないらしい。だから,だから漁船を巡視船にぶつけたんだね。
09-12 17:26

ザック・ジャパン http://t.co/cIMvk79 via @UmiTaroh_1香川も長友も大活躍。皆さんの感想は?
09-12 14:06

ザック・ジャパン http://t.co/cIMvk79 via @UmiTaroh_1
09-12 14:04

スポンサーサイト

◆これからの日本のサッカーは強い

今年の得点ランキングは…






Blog 1+1=2岡田ジャパンうみ太郎ホーム
Flower Park

海うみ写真館


2003年から2008年までの6年間,Jリーグでは日本人の得点王が出ていない。
外国人の,特にブラジルからの助っ人の指定席になってしまっている。なぜ?

バブル時代はジーコとかドゥンガとか,びっくりするようなビッグネームを
迎え入れることができたが,ピークを過ぎた選手も多く,多くの得点は望め
なかった。

その後スカウトマンがJリーグで活躍しそうな選手を見つけてくるのがうまく
なったからだろう,日本のサッカーにマッチしそうな選手を探して次々と連れ
て来るようになったらしい。

ところが,長い下降線をたどる日本経済は中村俊輔でさえ手放さなくてはなら
ないのが現状である。2004年の得点王であるエメルソンが石油バブルの某国に
さらわれたのをはじめ,今年はダビがJリーグ開催中にもかかわらず石油バブル
国にぬからた。イ・グノやレアンドロにも声がかかったという。

不景気が長引くと誰が大金で引き抜かれるか知れず,監督さんは大変である。
特に大金で誘われた選手は気持ちが動揺するから,話がまとまらなかったとき
気が抜けたようになるに違いないので,その後の得点力に影響する。

大金で中東に移籍した選手も,あまり活躍の様子は聞こえてこないのが日本人
として胸をなぜ下ろすところである。Jリーグで活躍する選手が中東でも働ける
とは限らないようだ。

これからのJリーグでは得点王などの目立つ選手は引き抜かれるから,日本人が
ランキングの上位に集まるようになるのだろう。実際,岡崎慎司,前田遼一,
石川直宏,佐藤寿人など,日本選手が上位に多く名を連ねていて頼もしい。

こうなると,岡田ジャパンもメンバーが組みやすくなってくる。もしFWに
マルキーニョスがいてくれたら,ジュニーニョがいたらなど考える必要もない。
今年は勢いのある日本人FWがたくさんいるからだ。海外には本田圭佑や森本貴幸
もいて,これまでになく調子がよさそうだ。

去年は「岡田ジャパンよりも鹿島アントラーズの方が強いのではないか」とも
書いたが,今年はその心配はなさそうだ。今の全日本には外人助っ人を考える
必要がない。

日韓戦では世界ランキングで常に上位の日本がよく負けるのも,リーグ戦では
いつも居るはずの外人助っ人が不在だからだ。韓国のKリーグでは元々そんなに
金は使ってないから,ずば抜けた助っ人も居ないので,国際試合でもKリーグ
感覚で試合ができるから,たまに集まる全韓国チームでも統制のとれたいい
試合をする。

これからは,日本も貧乏国になるから強力な外人助っ人不在となり,その上に
日本選手のハングリー精神も育ってくると期待できるので,これからの日本の
サッカーは楽しみである。お互い貧乏なのは困るが…。

そんなわけで,今後しばらくの日韓戦は日本有利で進むに違いない。■



8月8日◆日韓オールスター


韓国との差を広げる絶好のチャンス


■■岡田ジャパン============2009年8月号

8月8日◆日韓オールスター

========================うみ太郎

sunf

今年もオールスターがやってきた。オールスターと言っても日韓対決だから,
どうしても真剣勝負になってしまうのでオールスターらしい楽しいお祭り騒ぎ
とは程遠い試合になってしまい,考えものだ。

日韓のオールスター戦ならば監督は岡ちゃんが担当すのが当然ではないのか?
なぜオリベイラなんだろう?しかし,それはそれとして日韓のガチンコ勝負だ
から見逃せない。岡田監督も見守っていたに違いない。

小笠原,遠藤,中村憲剛,明神の中盤は調子もよさそうだし申し分ないだろう。
全日本のチームとなると中村俊輔と松井大輔が加わるから,世界でも一級の
中盤になる。

FWはマルキーニョスとジュニーニョが選ばれたが,誰も異論はないであろう。
FWも全日本の構成で考えると,オランダで2試合3得点の本田慶介とJリーグ得点
ランキング1位の石川直宏がいま最も旬な点取り屋であり,マルキーニョスと
ジュニーニョに交代しても遜色ない。

このように,オリベイラ監督の人選には何の問題がないことに気づく。問題は
岡田監督の選手選びである。オリベイラ監督の手法の全てを岡田監督は素直に
学んだ方がいい。これも日韓オールスターの目的の一つに数えたい。

試合は,前半と後半の開始から5分ぐらいは韓国にもチャンスはあったが,その
時間帯を過ぎると日本の素晴らしい中盤が機能し始めるので韓国のチャンスは
たちまち少なくなる。

中盤での守備における明神の勘の良さが光っていた。カウンター攻撃を幾つも
防いでくれたのは大きい。明神は全日本にも必要なはずだ。

途中交代の大久保がボールタッチも少なく,あまり役に立たなかったが,他の
選手たちはそれぞれ素晴らしいパフォーマンスを見せていた。

相手の監督も中盤のボール回しと体力に差があったと語っていたが,体力差で
はなくボール回しの正確さだろう。ボールを追いかけているうちに韓国選手が
疲れてしまったということだ。

決定力にも差があったと思う。守備が安定して中盤でもパスが前向きに回せる
ようになると,不思議にシュートに力みがなく正確に枠をとらえるようになる。

これは当然,岡田ジャパンにも同じことが言えるわけで,この戦法を伸ばせば
これからの韓国には明確に差をつけることができるのではないか。

今後は日韓対決的なオールスターは止めるべきだろう。ACLも含めて韓国との
試合は毎年幾つかあるのだから,Jリーグのお祭りはJリーグだけで思いっきり
楽しめばいいのではないだろうか。■


太郎バナー 海うみバナー

◆このシリア戦は無駄

◆◆対シリア戦 3-1 岡ちゃんの勝ちだけど…===========11/13 うみ太郎


今月のFIFAランキングでは日本3位でシリアは104位だ。100位以下のチームを
呼んで試合をやる意味があるのか?先月,70位のウズベキスタンと引き分けた
から今月はもっともっと弱いチームを呼んで勝ち癖を付けようと云うのか?

カタール戦の前哨戦だとの前宣伝で観客の入りもまずまずだが,中村俊や遠藤
などの中核がいない状態で,ヘッディングシュートがどんどん飛んでくるわけ
でもなく,ドリブル突破してくるわけでもなく,ただ引いて守るだけの相手と
試合をしても,ほとんど意味がなかったのではないだろうか。

もっと言うならば,中村憲剛や内田は最初から最後までフリーでボールを自由
に回せる状態だったが,相手の監督は何の手も打たなかった。チームとしての
作戦よりも個々の選手を実戦によって評価することが最大の目的のようだ。

アジアクラブカップが昨日ガンバ大阪の優勝でやっと終了したが,Jリーグが
終わったわけではなく,おまけに天皇杯の予選も始まって選手たちは大忙しだ。
選手の体もガタガタだ。来年からはこのような意味のない試合は組まないこと
にしてもらいたい。

収穫は1点目を叩き込んだ長友が調子を上げてきたことだ。北京オリンピック
ではまるで活躍できなかった長友が攻守にわたってこれからも輝くならば,
これは大いに期待できる。

得点した長友・玉田・大久保ともに身長170cm程度の小ぶりの選手たちだし,
一番チビの田中達也の動きもいい。相手が大柄だからと云って長身の選手を
無理に加える必要はない。後半に巻が入ったが,ほとんど役に立っていない。

ディフェンスの選手は別としても,攻撃の選手は日本人の平均身長程度の方が
動きがいいことがよく分かる。相手の身長がどうあろうが,日本の攻撃陣は
身長を相手に合わせる必要のないことを今日の試合は物語る。

オシム前監督が,マスコミの前で,日本選手の精神面の弱さを指摘したのだ
そうだ。もし,オシムが監督のときアジア選手権で当たり前に優勝していれば
シードされるから,予選はもっと楽に戦えたのである。”岡ちゃんが苦労して
いるのはお前のおかげなんだぞ!だまっとれ…!”

オシムが余計な事を言えば言うほど,岡ちゃんを応援したくなるのが日本人の
人情と言うものだ。カタール戦に期待したい。もし負けたら,ガンバ大阪の
西野監督にジャパンの監督をいさぎよく譲ってほしい。■

そん所そこらで買えない本:http://www.itssco.net/hp_jinrokudo/bookj_store.html



 
               太郎バナー 花子バナー 海うみバナー


■■岡田ジャパン

■■岡田ジャパン============================
===============================2008年10月2号


◆岡田ジャパンに闘争心は無いの?

10月15日 対ウズベキスタン戦 1-1 分け


=============================10/15 うみ太郎

原稿のUpLoadが少し遅くなってしまいましたが…。

10月のFIFAランキングでは日本32位,ウズベキスタン70位。ジーコが相手の
アドバイザーだろうが何だろうが,こんな相手に負けるわけにはいかない。
積極的に先取点を取りに行ってほしい。相手は引き分け狙いだからだ。

ところが,試合が始まってみるとゆっくり体を動かし,ゆっくりボールを回す
立ち上がりになってしまった。経験的に,こう云う入り方をした場合,ろくな
結果にはならない。

人が動かないから,パスがうまく回らない。相手のプレッシャーが強いから
名手である中村俊輔や遠藤もたじたじである。こうなると,相手は自分たちの
ペースになったと考えてリズムが出てくる。そして,闘莉王のミスキックから
見事に失点してしまった。このところ闘莉王がブレーキになっている。

失点してやっと目が覚めたのか全員に動きが感じられるようになって,前半の
終了間際に同点に追い付くことができた。どうして最初から動かないのか。

後半に入っても相手の当たりの強さは変わらない。中村も遠藤も口から血を
流しながら走り回らなけらばならないくらい大変な試合となった。名人になる
には,ボールをキープしながらタイミングのいいパスを出せるのが条件だ。
だから,相手は中村や遠藤に厳しく体をぶつけてボールをキープさせない。
アドバイザーのジーコがしっかりと仕事をしているようだ。

試合は1対1の引き分けに終わったが,試合内容は岡田監督の完敗であり,誰も
見たくもない試合をまたまた見せられてしまった。当たりに強い松井がいない
ことも残念だったし,稲本をスタメンから外し新人の香川を使ったのは監督の
はしゃぎすぎである。試合の終盤には闘莉王をFWに上げて攻撃に厚みを持たせ,
迫力のある攻めを展開した。なぜ初めからそうしないのだろう?なぜ常識に
とらわれるんだ?

細かいことは別にして,なぜ日本はゆっくりと立ち上がる横綱相撲をとろうと
するのだろうか?その闘争心のなさが例えば韓国サッカーとの差であり技術的
には日本の方が上なのに,内容では負けてしまう結果につながることが多い。
次の試合からは,初めから闘争心を見せろ!監督はもっと頭を使え!

今日の結果はジーコと岡田の差とみれば仕方ないかも。しかし,アウェイ戦は
どうするの?お先真っ暗!岡田監督は辞めたかったら辞めてもいいんだよ。■




               太郎バナー 花子バナー 海うみバナー



 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード