スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL 名古屋 対 川崎 1-2

◆名古屋のケネディは即戦力になってるのに…

<9月23日国立>

岡田ジャパンの試合ではないが,ACL準々決勝の試合を見ることにしよう。
名古屋はストイコビッチ,川崎は関塚監督であるが,これまでのJリーグの
試合では両監督ともにこれといったミスはなかったと感じている。
岡田監督と比べながら,試合を見ることにしよう。

名古屋はボールを左右に散らしながらグランドを広く使って攻める形はこの
チームの良いときの姿だ。一方,川崎は足元のうまい選手が多いためだろう
どうしても中央に集まりたがるので,チャンスを自分たちで潰してしまう。
それぞれの持ち味とも言えるのだが…。

最初の1点は中村からのセンタリングをケネディに頭で合わされ,あっさりと
得点されたものだ。試合開始当初からケネディには密着マークがついていて
今日の得点は無理かと思われたが,時間がたつにつれてマークが甘くなった
ほんの一瞬の出来事であった。

名古屋の監督も選手たちもこの新顔のケネディを使いこなしてしまったいる。
ところで,今日の新聞によるとオランダリーグの本田はこの日2得点をたたき
出したとのことだ。

思い出すと,2週間前に欧州遠征した時の岡田ジャパンとしての本田はまるで
精彩がなかった。中村俊輔とポジションがぶつかるとかで,ゴタゴタしたらしい。
今,日本選手の中で世界中が最も注目している旬な選手は本田圭佑である。

監督も他の選手たちももっと圭祐を使おうとしなければならない。これから
ますます日本選手たちも外国で活躍するようになるだろうから,全日本となる
と多くの選手が世界各国から戻ってきてチームを創ることになる。

だから,監督はぼんやりしていては務まらない。たまにしか集まらない選手
たちの特性を日ごろから良く研究して,自分の戦術の中に無理なく組み入れ
なければならないからだ。

圭祐の特徴の分析と自分の戦術への組み入れにおいて,岡田監督の采配ぶりは
的外れに見える。次はイタリアリーグの森本貴幸も呼びたいとか言っていた。
圭祐一人使えないのに森本まで入れると岡田ジャパンはガタガタだ。偉そうな
ことを言うのは簡単だが…。

さて試合に戻ると,後半は名古屋の方が少し動きが鈍くなってきた。前半に
飛ばしすぎたのだろう。すると,ゴール前あたりに微妙な隙間ができてきて
ジュニーニョにその隙間をこじ開けられてしまった。

2点目は中村憲剛の頭脳的なフリーキックによる直接ゴールだった。両チーム
で3点とったことになるが,どれもチームの特徴が出た得点であった。しかし,
名古屋の選手はもっとスタミナをつけないと最後まで走りまわる川崎には今後
も勝てないのではないだろうか。

結果は別にして,チームの特徴がよく出た試合だったと言うことは,両監督共
にきちんと仕事をしていることになる。問題は岡田監督である。もっと謙虚に
なってほしいものだ。監督には「虚心坦懐」と言う言葉を贈りたい。■
スポンサーサイト

◆サル対ゴリラの戦い

対ガーナ親善試合9月9日(4-3)

先週土曜日(9月5日)のオランダ戦で歴史的に最も不愉快な試合をしてしまった
後だけに,どんな試合になるのか心配だ。注意してみたいのは選手と監督の
信頼関係が回復したかどうかである。

体力的にきつくなる後半に選手たちがどう動くか,作戦が行き詰ったとき監督
がどう動くかなど注目しながら,厳しい目で試合を見たいと思う。

前半最初の失点は長友のハンドによるPKからであり,オランダ戦と同じような
スタートとなってしまった。選手たちの動きがだんだん悪くなる。前半0-1で
折り返せたのはラッキーだった。

日本の選手たちはこわばった表情でベンチへと引き上げていく。こんな試合を
していて選手たちは楽しいだろうか?選手たちの動きに連動性がないのだ。
心配したように考え方が統一されていないように感じられ,監督を中心とした
全体の意思疎通が不十分であると感じた。

後半1-3となったところで中村俊輔と前田に代わって本田と玉田が入った。
スタイルは違うがボールを持てる選手たちなので,やっとボールが落ち着く
ようになってきた。2人ともにスタメンから使う選手だ。

前半は駒野が右サイドから何度も攻め上がったが,後半は左の長友の番だ。
長友はPKを献上しているから,懸命に左サイドを何度も駆け上がった。この
長友の頑張りが日本を勝利に導いたともいえる。

とにかく,ゴリラとサルの戦いである。ゴリラの当たりの強さとスピードは
想像以上なのだろう,3点の失点は全てこのゴリラ的パワーに起因している。

対して,サル軍団は相変わらずコチョコチョしたワンタッチパスにこだわる。
芝生の上で足でけるゲームだから,そんなに正確なパスは常には無理である。
岡田はチョコマカしたパスサッカーが好きなのである。これが最大の問題だ。

しかし,サルはゴリラに勝てない。サルでもゴリラ並みの身体能力を持つ,
少なくとも当たりを怖がらない選手を使うしかないはずだ。今日はゴリラに
勝てたが,相手が試合運びが単調で下手だからであり,試合巧者のヨーロッパ
のチームならオランダ戦同様に完敗していただろう。

遠藤,中村俊輔,長谷部のように繊細な選手は一人を加えるのがやっとだ。
代わりに,本田,稲本,阿部のような当たりを怖がらない図太い選手をまず
使うことを考えなければならない。世界のサッカーはますますゴリラ化して
いるのだ。ミッシェル・プラティニの時代ではないのだ。なぜ分からないの
だろうか?

サッカーは理屈ではなく今も昔も格闘技なのである。岡田は格闘技が嫌いで,
お嬢さんサッカーが好みのようだ。現役時代に本田のような骨太な選手は見た
こともないに違いない。だから,本田をどう使っていいか分からないのでは
ないだろうか。そんなことで世界と戦えるというのか! 岡田よ自ら去れ!

中村憲吾は確かに得点した。しかし,憲吾のワンタッチパスはミスが多い。
ゴリラがぶつかってくる前に逃げのためにボールを放すだけのことで,正確な
意味でパスとは言えない。得点力もJリーグで今期2点しか取っていない。

ところが,監督はこの憲吾のチョロマカしたプレーが無性に好きらしいのだ。
これはもう病気だ。お手上げである。

野球のWBCで優勝した日本選手の中には"世話になった監督を胴上げしたいから
がんばった"と感想を漏らした。岡田ジャパンには監督に対する感謝の気持ち
など現時点でも全くないだろう。"W杯ベスト4入り"は国民の目をあざむくため
の卑怯な"眼つぶし弾"なのである。岡田よ全日本から去れ!■

◆監督はガンバの西野に代えよう

Blog 1+1=2岡田ジャパンうみ太郎ホームFlower Park海うみ写真館


岡田監督らしい最低な試合(0-3)

最近の岡田ジャパンの試合ぶりはなかなかいい。前半の0対0は大健闘だった。
両者とも失点は避けたかったので守り重視でスタートした。相手1人に対して
2人ではさみうちにしてボールを奪うなどして,ボール支配率を高めることに
よって攻め続けたのが良かった。

FWは玉田だったが積極的に守備をするので,日本のペースが保たれるので,
日本の戦法は今のところこれしかないと思う。結果として,日本のゴール前で
ヘディングで競り合う場面が少なかったのが良かった。

しかし,30分過ぎあたりから日本に疲れが見え始め,相手の速い動きについて
いけない場面が何度かあり,前半無失点はラッキーだった。

後半は玉田を本田に代え,オランダも攻撃的な選手に交代させ,攻め合いと
なったが攻め方に差があった。オランダでプレーする選手だから本田がボール
を持つと複数の相手選手が本田を囲んでボールを奪ってしまう。そこからの
カウンター攻撃がとにかく早いのである。

似たようなカウンター攻撃を何回か受けているうちに,疲労が日本の選手たち
を襲う。疲れてくると半歩走り負けるし,当たるとはじき飛ばされる。この
体力差スピード差をどうするかが,いつも課題として残る。

後半も玉田でスタートして10分程度経過して落ち着いてから本田に代える方が
良かったのではないか。後半開始から選手と戦法の両方を代えたので,全体的
に対応できないまま失点をしてしまった。

セットプレーから次々にガタガタにされてしまった。6月オーストラリアに負け
たときと何一つ変わっていない。何一つ改善されないままに,オーストラリア
よりはるかに上のオランダと戦って何の意味があるのだろうか?

"なるべく多くの選手を出したい"と言っていたが,選手たちにも伝わっていた
のだろう。だから,選手たちは前半から懸命に走りまわり,動けなくなったら
てっきり代えてもらえると思っていたのではないか。だから,1点取られてから
日本選手たちはまるで試合を放棄したかのように動かなくなってしまった!

岡田は目を吊り上げて一点を見つめたまま固まってしまった。"お前は選手を
見捨てるのか!岡田は監督に不向きだ。こんな哀れな試合は見たこともない。
自分のイメージ通りに試合が運ばないからと言って,試合を投げていいのか!

監督がフリーズしてしまうなら選手たちは2度とその監督の元では全力で働か
ないであろう。選手たちは真に不幸だ。試合中にフリーズしてしまった監督を
初めてみた。オランダでもこの監督を酷評していることだろう。

ワールド杯本大会でみじめな負け方をしないためにも,監督をガンバ大阪の
西野監督に代えてほしい。なるべく早い方がいい。ほかに手はないと思う。■
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード