スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルキーニョスだけが目立ったACL

ACL一回戦4試合の評価

2月23日から今年のACLが始まった。24日分も含めてJリーグ4チームの試合ぶり
を見ると,岡田ジャパンの不調の原因が解るかもしれない。

<鹿島-長春 1-0>

小笠原不在のためかアクセントのないダラダラした試合となったが,中田が
攻守に活躍して,どうにかJ1王者としての面目を保つことができた。青木も
いつも小笠原のプレーを見ているからだろうか,良く走り回って相手の攻撃の
芽を摘んで,完封試合の貢献していた。

前半はさほどでもなかったが,後半に入って時間がたつにつれマルキーニョス
の動きが激しくなる。無駄だと思ってもボールを追う姿は疲れのみえる見方を
鼓舞するかの様でもあり,相手を威嚇するかのようでもある。

得点はCKからであったが,それ以外の見せ場は両チームとも無く凡試合だった。

<G大阪-水源 0-0>

遠藤を中心に正確なパスに基づくガンバらしい組み立てを見せてくれた。得点
できなかったのはツキがなかったことにしておこう。水源もおそらく自分たち
のプレーができていたと思われて,良い試合だったと思う。

<川崎-城南 0-2>

明らかにフィジカルの差が出た。何時も鮮やかなパスサッカーを見せる川崎も
とにかく体をぶつけてくる泥臭いサッカーには完敗だ。キャプテンの中村も
期するところがあったのだろう,いつも逃げる中村も今日ばかりは体をぶつけ
て行った。

なれないことをやると怪我をするという好例(?)を作ってしまった。あごの
骨折だと言う。もっと早くフィジカルを鍛えておくべきだったのだろう。ACL
のような激しい国際試合をやりたいのならば,川崎は根本的に考え方を変えな
ければならないだろう。

<広島-山東 0-1>

広島としては初めてのACLだからだろうか,なすすべもなく負けてしまった。
最初は足がすくんで見えた。次第に広島らしい鋭い縦パスもでるようになった
が後半に入ると単調なサイド攻撃だけとなってしまって,とてもゴールが決ま
るような予感は起こらなかった。川崎同様に完敗と言っていい。

■この4試合で目立った選手はG大阪の遠藤と鹿島の中田ぐらいのものだろう。
遠藤はA代表よりもよほどいいプレーを見せていた。と言うことは遠藤中心の
チームならば岡田よりも西野監督の方がふさわしいと言うことだ。小笠原を
使うならばオリベイラ監督がベストだ。

もし,岡田がJリーグの監督を務めたところで,最優秀監督に選ばれることは
あり得ないと言うことだ。逆に考えるとA代表監督は西野やオリベイラに頼ん
だ方が明らかに妥当だ。■
スポンサーサイト

監督が岡田ならW杯へは行くな!


東アジア選手権 韓国戦 1-3

晴れやかなバレンタインデーの夕方,満員の国立競技場には悲鳴の止むことが
なかった。2月11日のブログに書いたように,今日のスタメンは予想がついて
いたから,負け試合になることと東アジア選手権3位は予想がついていた。

このメンバーでは勝てないのだ。一人一人の技術は高いが核になる選手がいな
いのである。長友と内田の両サイドは何度もドリブルで仕掛けて,チャンスを
つくろうとしていたが,日本の攻撃はそれだけの単調なもので,このままでは
何時間続けてもゴールが生まれないことは明らかだった。

昨年末のベネズエラ戦,先日の中国戦も含めて戦いぶりは全く変わらず無得点
試合を続けている。今日の1点はPKによるもので流れの中での得点ではない。
かなり弱い相手からは得点できるが,それ以外からはとにかく得点することが
できない。

その点,韓国は短いパス回しでは日本の方が上と考えたのだろう,何度も高く
ボールをけり上げたり,ロングボールで攻めたり,ドリブルで仕掛けたりで,
攻撃は多彩であり,得点の可能性を感じる。

試合後のインタビューで岡田監督は「勝てなくてすみません」と明らかな反省
の意思を示した。しかし,それを言うのならば昨年末のベネズエラ戦後に言う
べきだった。しかし,ベネズエラ戦では「良い試合だった」と大勢のファンと
かけ離れた感想を述べていた。

この監督は試合を直視していない。利己的な色眼鏡をかけて見ている。今日の
試合についても「徐々に良くなっている」との感想だ。感覚がファンと大きく
ずれている。これが最大の問題であり,もはや修復不可能と考えられる。

脳なし監督がピリピリしているから,選手たちも肩に力が入りすぎて,当たり
前のプレーができない。このままでは選手たちがかわいそうだ。このチームは
完全に負のスパイラルに入ってしまった。

「W杯ベスト4」は詭弁(きべん)でありペテンであることが良く分かったと思う。
韓国はそんなにレベルの高いチームではないのだから,楽に勝てる相手では
ないが,勝って当たり前の相手だ。

監督が岡田のままならW杯へは行くべきではない。行っても何の意味もない。
小沢や鳩山の金の問題はもういい。岡田監督問題を国会で取り上げてくれ!■

小笠原は使いたくなかった?


東アジア選手権 香港戦 3-0

試合後のインタビューで岡田監督は「後半の途中まで良くなかったのが実情。
遠藤が前に上がって良くなった」と言っているが,本当にそうだろうか。

後半に入ってなぜ良くなったかを振りかると,平山が入ってターゲットができ
たことと,小笠原が下がって遠藤とボランチを固めて攻撃と守備両面の起点と
なったからである。この時点で,相手は全く攻撃ができなくなり全員で守備に
追われることになったからだ。

さあ日本の攻めが始まるぞ!と思った瞬間,小笠原をベンチに下げてしまった。
確かにその後,追加点が2点入ったことは事実であるが,代わりに入った稲本が
良かったからではなくて,日本の攻守の形が整ってしまったので相手が攻める
意欲をなくしたためだ。

また,遠藤がポジションを上げたのではなくて,相手が全員守備に下がった
から日本はフォワードから最終ラインまでコンパクトになり,攻めたければ
誰でも攻め上がれる状態になっただけのことだ。

JリーグだけでのA代表を考えたとき,遠藤・小笠原のボランチはおそらく最強
であろう。今日それが初めて分かったではないか。しかし,岡田は全くそれに
気付いていない。小笠原を外したから動きが良くなったと思っているのだ。
それがインタビューに明確に表れているのだ。アホカー!

近代サッカーはボランチが攻守のかなめだと思う。しかし,岡田はフォワード
へ良いパスを出すのは2列目の選手だと固く信じてやまない。だから,小笠原
も本田圭佑も使いきれないのだ。本田を生かせない岡田をヨーロッパの評論家
は酷評していると言う。

韓国戦での小笠原の先発はなさそうだ。「東アジア選手権初優勝」と余裕の
表情でボケ監督が言っていた。中国が韓国を破ったので,日本は3位になるだ
ろう。にもかわらず「W杯はベスト4」と白けた目標を示し延命を図っている。
国会議員同様に岡田も自分の進退は自ら判断すべきだ。■

東アジア選手権 選手は悪くない!

対中国戦 (0-0)

ジーコジャパンの敗因の一つは両サイドが攻め上がった後の裏のスペースを
狙われたことにある。特に後半スタミナ切れを起こした後の連続失点は全て
この弱点によるものだった。岡田ジャパンではこの欠点を修正したために,
攻撃力が再び落ちる結果となっている。

昨年のオーストラリア戦辺りから,日本の欠点は体のぶつけ合いに弱いとみる
外国の監督が多くなっていて,先日のベネズエラも体をぶつけることに徹して
日本のパスサッカーを封じ込めてしまった。もっと体格の良い中国もおそらく
この体力勝負に挑んでくることだろう。さあ,岡田はどう迎え撃つか?無策の
ままで,ただ時間を過ごすのだろうか?

■試合が始まると,日本がボールを支配することが多く安心して見ていられる
状態が続いた。中国は上半身で激しく当たってくることはなかった。十分に
日本を研究してきていないようだ。

その代わりに足を蹴ってきたり,ひざ蹴りをしてみたりの"おろかな激しさ"が
目立った。アジアに多いこういうチームの相手をするのは日本は得意なはず。
今日は間違いなく勝ちゲームかと思えた。

ところが,何時まで待ってもシュートが打てない,従って点が入らないのだ。
サイド攻撃やクロスボールはヘディングで跳ね返され,ドリブルは止められ,
中央突破は体を張ったプレーで阻止された。ベネズエラ戦の小笠原のような
意外性のある動きがまるでない。打つ手がないのだ!

PKを与えてしまった段階でもう負け試合であったが,楢崎が良く防いでくれて
どうにか負け試合を引き分けに持ち込んでくれた。

試合終了後ファンのブーイングが止まなかったが,岡田は"前の試合の修正が
できて良かった"と感想を述べている。お前は馬鹿かと言いたくなる。W杯が
4ヶ月後に迫った今,選手たちにとっては勝つことが何よりの薬なのであり,
選手をいろいろ使ってみるなど今頃言っていては手遅れなのである。

日本はサッカー音痴の国だから,こんなみっともない試合を見ても国民的な
監督批判は起こらない。誰か,例えば釜本議員のような大物が一喝するしか
もう方法はないのではないだろうか?ガンバ大阪の西野監督を全日本監督に
推薦したい。今からでも遅くはない。■

ベネズエラ戦-見たくもない凡試合

2月2日 対ベネズエラ (0-0)

昨年のJリーグMVPの小笠原がとうとうピッチに立つ。岡田が選びたくなくても
MVPをメンバーから外すことはできなかったのだろう。MVPなのだから小笠原は
むきになってプレーする必要はない。いつものような落ち着いた試合運びを
見せてほしい。岡田が評価しなくても我々がしっかりと見ているから。

ところが,今年の国内初戦だと言うのに,また見たくもない凡試合を見せられ
てしまった。Jリーグの平均的な試合よりも面白くなく,単に両チームともに
一生懸命試合をしました,と言うJ2以下のつまらない試合だった。

こんな試合は何時間戦っても両チームとも点が入るはずもないことは明らか。
Jリーグだってシュートがなかなか入らないがシュートまではいく。ところが,
この試合はシュートまでも持っていけない。何のためにボールを蹴り合って
いるのか意味不明だ。

昨年6月のオーストラリア戦のときにも書いたが,日本自慢のMFは接触プレー
にまるで弱いのだ。相手は日本選手の重心にさりげなく体をぶつけてくる。
そのたびに体がぐらつくから,正確なパスが出せない。だから,シュートまで
持っていけないのである。話は簡単なのだ。

ベネズエラもオーストラリア同様にラグビーが盛んな国なのだろう。体の
ぶつけ方がうまい。W杯ではそんなチームがほとんどなのではないだろうか。
最初に交代させられた中村憲剛が最も体が弱い。ぶつかりそうになると必ず
逃げる。この選手はW杯では使えない。

こんなわけで,スピードもなく技術もないのに,当たりの強さがあるために
ベネズエラに試合をさせてもらえなかった,と言うのが筆者の結論である。
海外組を加えてもこの点では大差ないだろう。

優れた"個"が集まらないと試合にならないのだ。したがって今回は個について
の筆者の意見を述べたい。

■身体的に問題がある選手

闘莉王(太りすぎ,ダイエットしないと使えない。ピークを過ぎている!)
中村憲剛(体のバランスが悪い。接触プレーができないからW杯では使えない)
稲本(試合に出ていないからだろう無駄なファールが多く危険な選手)
大久保(イマジネーションが貧困すぎる。監督と良く似た性格ではないか?)
徳永(良く走っていたが,体が硬いせいか怪我をしそうで怖い)

■良くも悪くもなかった選手

楢崎,遠藤,長友,岡崎

■A代表としてふさわしい選手

中沢(頭脳的に体をはったプレーをしていた)
小笠原(シュート,パス,ポジションともに合格点。ただし,後半マークが
    厳しくなりミスが目立ったのが,これからの課題だ)



■試合後の監督インタビューで「良い試合だった」との無神経な発言にはただ
あきれるばかりだ。いったいどこを見てそんな感想になるのか分からない。
サッカーは格闘技であることを監督はどう考えているのだろうか?選手一人
一人について感想を述べたが,最悪なのは岡田監督に違いない。■
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード