スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のJリーグはつまらん!


土日のJリーグの試合は面白くない試合が多かった。まもなくWカップが始まる
と言うのにピリッとしない。岡ちゃんも日本にいると批判の矢面に立たされる
からヨーロッパへと逃げ出したらしい。

逃げたりするから,ばちが当たって火山の爆発に見舞われるのではないか。
飛行機が使えなくて車で移動したと伝えられている。今頃ヨーロッパの
サッカーを視察して,それが何になると言うのか。

高度なヨーロッパの作戦を真似たところで,優秀な世界の監督たちはたちまち
それを見抜いてしまい,すぐに逆手をとってカウンタ攻撃をしかけるだろう。
政治家気取りの海外視察はやめてほしい。日本でやることがあるはずだ。

最近のJリーグがつまらないのは岡ちゃんの負の効果と言えるものではないか。
監督の頭が混乱していて自信をなくしてしまっているので,候補選手たちは
W杯前のJリーグをどのように戦えばいいのか迷っているように思える。

その証拠に,W杯候補選手の多いチームほど引き分け試合で終わってしまって
いる。同点になってしまうと,優れた選手ほど何とかしようと懸命にプレーする
ものだ。ところが,候補選手たちは最後の時間で怪我をしないようにスロー
ダウンしてしまっていないか?

これは選手だけの問題でなく,監督のW杯における戦略が今年に入っても定まらず
はっきりしないので,候補選手たちは自分が何を期待されているか,どう技術を
磨けばいいのか,がほとんど分かっていないからではないのか?

だから,とりあえず怪我をしないように…が合言葉になってしまってJリーグの
レベルを大きく下げてしまっている。

このままでは,W杯全敗で帰って来るばかりでなく,今後のJリーグもぶちこわし
にしてしまうのではないか?誰が責任を取るんだ!■
スポンサーサイト

岡田監督は自ら辞表を出せ

■このままではW杯で全敗を予想する

岡田ジャパンは日々退化している。正確には,日本チームが退化してるのでは
なくて外国の監督が日本の幼稚な作戦をとっくに見抜いてしまっている。
すでに監督と選手の信頼関係はほとんどなくなっているのだろう。このまま
ではW杯で日本は全敗する。

協会が今さら監督を解任することはできないだろうから,岡田が自ら辞表を出す
しか道は無い。それは岡田のみじめな老後を救うことにもなる。



理由は以下の3点である。

■勝負師としての側面がまるで無い

うみ太郎は1月の東アジア選手権で日本の順位を3位と予想して,実際にその通り
になってしまった。しかし,岡田は優勝するのは当たり前との態度であった。
いろいろ選手を試したいと,大口をたたいていた。まるで危機感がないのだ。
彼の勝負勘の無さは生まれつきのものなのだろう。

先週のセルビア戦の後でも,作戦が当たらなかったと言い訳していた。多分,
岡田が言いたいのは「本田のためのフォーメーションをそのまま使ったが本田
がいなかったのでうまくいかなかった。勝とうとする気迫をまるで感じない。
勝負へのこだわりはまるで見られない。選手たちからも全く勢いが感じられ
ないのはそのためだろう。サッカーをスポーツとしてしか捕らえていない。

■この監督は国際的なレベルでは素人に限りなく近いのではないか

岡田の作戦は局面ごとに常に数的優位をつくって正確なパスを多用しながら
攻め込むことにある。数的優位とは人数をかけると言うことだ。シュートまで
そのまま持ち込めればいいが,ボールを奪われると守備の人数が足りないから
あっという間に失点してしまう。

パスを多用すればするほど,ボールを奪われる確率が高くなるり,失点しやすく
なること請け合いである。だから,攻めるときは必ずシュートで終わる必要が
ある。ところが岡田ジャパンではシュートをしたがらない。

こんな素人のような戦法でW杯へ行こうというのか!

■試合の流れを読む目がほとんどない

全日本のゲームメーカーは鹿島の小笠原しかいない。1月の東アジア選手権
香港戦でも小笠原は攻撃要員として前目のポジションを指示されていた。
しかし,カウンター攻撃を受けそうだったので自分の判断でポジションを後ろ目
に下げてゲームを安定させた。見事な試合勘であった。

ところが岡田はすぐに小笠原をベンチに下げてしまった。俺の言うことを聞か
ないやつは使わないと,威張り散らしたいらしいのだ。この監督は試合の流れが
まるで読めていないのである。視野が狭いのだ!

ベンチに下がる寂しそうな小笠原の顔が忘れられない。ポジションを勝手に
下げれば交代されることが分かっていたのだろう。しかし,彼は勝負にこだわ
ったのである。小笠原を監督にした方が岡田よりよほどましだ。



勝負勘が無い
戦略が幼稚
試合の流れが読めない

こんなに適性の乏しい監督は世界中見渡しても珍しいのではないか。だから,
誰でも良いから代わらなければならない。どうして皆は黙ってるのだろう?
岡田が辞表を出すまで書き続けるしかない。■

中村俊輔 的サッカーでは勝てない


日々退化する岡田ジャパン

対セルビア戦 3-0 完敗!

4万5千の大観衆の前で,岡田ジャパンはまたも大失態をさらけ出した。こんな
試合で金を取るのかよ!今年1月の東アジア選手権で中国と韓国にぼろ負けし
たのに何の反省も何の工夫もなく,あっという間に2得点を与えてしまった。

ベテランの多いジャパンは何となく試合に入っている。今日もまたサッカーを
やるんだな,ぐらいの感じでボールをけり始めている。結局,岡田からの的確
な指示がないから,それぞれの選手たちが個々の経験だけで試合を始めている。

中村俊輔や遠藤保仁が目指すパスサッカーではもはや世界では勝てないのだ。
パスをすればするほどパスカットされる確率が上がる。またパスを続けながら
攻撃を組み立てようとすると,その分多くの選手が攻撃に参加する必要がある。

そうすると,カウンター攻撃を受けたとき当然守備の人数が足らないから失点
の可能性が大幅に増える。今日もその通りにしっかりと大量失点してくれた。
東アジア選手権大敗の経験が全く生かされず,また同じことをやっている。

おまけに,俊輔も稲本潤一も動かない走らない。ヨーロッパ帰りと言うが,
要するに使ってもらえなかったから帰ってきたピークを過ぎた選手たちだ。
遠藤保仁もピークを過ぎたと見られる選手であり,所属するG大阪も最下位を
現在争っている。

調子の出ない中村と遠藤を石川や山瀬に代えてから日本もいくらか落ち着いて
きたが,そのとき相手は守備を固めてしまったので,得点はとても無理だ。
相手は勝ちを確信してしまった。

中村や遠藤,稲本とか阿部ではだめ。パスセンスはあるがサッカーセンスがな
さ過ぎる。やはり鹿島の小笠原を入れないとゲームにならないのだ!

ゲームを組み立てる選手がいないから,前回同様に支離滅裂な試合だった。
岡田ジャパンはやればやるほどおかしなチームになっていく。岡田サッカーは
理屈っぽいサッカーだが理屈には必ず落とし穴がある。弁解はすれど反省が
ない。

日本全体の衰退とまるで同じだ。そんなに借金をしたら将来日本はつぶれると
言いながら国債を発行し,子供が減り続けると言いながら女は子供を生まない。
農産物の国産化率を上げないと将来大変だと言いながら,何もしない。

岡田ジャパンは我が国の現状とうり二つなのである。岡田監督は鳩山総理と
同様に何もできないし,何もしない。鳩山も岡田もやめる以外絶対に方法は
ない。日本にも岡田ジャパンにも夢も希望もない。

確かに,今の若者たちは稼ぐのに精一杯でサッカーどころではないらしい。■

toto予想始めました

今週の岡田ジャパンはお休み。

今度の冬は寒いとか今年の夏は暑いとかの気象庁のコンピュータ長期予想は
ほとんど外れる。桜の開花や満開の予想も数式やらパソコンを持ち出して何
とか当てようとするが,毎年微妙に外れる。地元の年寄の予想が一番正しい。

競馬や競輪の予想とかtotoの予想などでもパソコンが活躍しているが,人間様
の経験と感覚も捨てたものではないのだ。その場合にも条件がある。

そのことに興味があること
なるべく大勢の意見を集めること
当たる確率がやたらに低くないこと

そこで,mini-toto ならばそんなに当たる確率も低くないから,なるべく多く
のサッカークレージーの予想を集めて集計し公表する実験を試みることにした。

この「みんなのtoto」を参考にした上で,自分の予想をさらに加えて実際に
totoを購入すれば,好結果が期待できるに違いない…?パソコンになんか負け
ていられない。

いよいよ桜満開の春,一年中で体も頭も最高潮になる季節がやってきた。
理屈は別として,まずは下のボタンから投票してみよう!■







みんなのtotoに参加




 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード