スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従来型の負け方に戻った  5月30日イングランド戦


1対2 岡ちゃんの負け

イングランドは日本を完全になめてかかって,まったり(?)とした入り方だ
った。そんな中で闘莉王の一発が生まれたが,W杯本番ではありえないことに
違いない。

後半に入るとカペッロ監督はスピードのある選手を何人か投入してボールを
支配することによって,オウンゴール2点を日本からもぎ取ってしまった。
この後半の姿がW杯におけるイングランドの戦い方だろう。

前半の戦いを冷静に分析して,後半に立て直して逆転して見せたのは,やはり
監督の力だと思う。

中村俊輔をはずしたのは正解であるが,なぜ遠藤を最後まで使い続けるのか
理解できない。遠藤はボールタッチも少なくプレーも年寄りくさくてメンバー
に選ばれたのが不思議なくらいだ。

本田慶介の使い方もまだ答えが見えていないようだ。後一つしか残っていない
練習試合で答えが出せるだろうか?作戦どうこうよりも選手が100%力を発揮で
きないようでは話にならない。

それはそれとして,前半で先制し後半に逆転される日本の従来型の試合ぶりに
やっと戻ったようだ。今年に入ってからは先制点さえ取れずに最悪の負け方が
続いたから,やっと原点に帰ったことになる。

後は後半に点を取られなければ良いことになるが,なかなか守りきれるもので
はなさそうだ。それなら,カウンター攻撃を仕掛けて相手の守備をかく乱して
はどうだろうか?

Jリーグには鹿島や川崎のようにカウンター攻撃の得意なチームもあるが,岡田
ジャパンでは見たことがない。みんな疲れてしまっていて,誰も全力で走ろう
とはしない。

前半得点した後は,前列の2,3人を交代させて戦い方を代えるのが良いのでは。
疲れの見えた選手を交代するだけでなく,意図した作戦に従った選手交代で
あってほしいものだ。

選手たちが100%の力を出し尽くせば,日本もイングランドその差は以外に少な
いと思う。大きいのは監督の力の差であることははっきりしているが…。■
スポンサーサイト

監督も選手もやりたくないならやめろ(5月24日韓国戦)


俊輔は走れないなら出るな。
遠藤も逃げるなら出るな。

サッカーは11人対11人でやるゲームだ。しかし,中村は走らないで立っている
し,遠藤の動きも重く,おまけに相手と体がぶつかりそうになると逃げる。

この2人の中心選手が働かないから,キックオフから9対11でやっているように
見えてしまう。いきなり得点されたが,当たり前だ。もっとはっきり言うなら
スタメンが決まった段階で負けている。中心選手がこんな具合だから,ほかの
選手たちの顔には不安がいっぱいだ。

後半に入って俊輔も遠藤も本田までも代えてしまった。岡田が頼りにする3人が
ピッチを去ると,もう別のチームになってしまう。本田と俊輔はポジションが
ダブるが本田を優先しないといけない。俊輔に遠慮していては監督は務まらな
いだろう。

俊輔や遠藤の時代は終わった。残念ながら賞味期限はとっくに過ぎている。
この監督は目が悪いのではないのだろうか。選手たちの細かい動きが見えない
で,アバウトに試合を見ているだけなのではないか。

1月の東アジア選手権での惨敗以後5ヶ月も経つというのに岡田ジャパンは何の
進歩もしていない。試合後のインタビュうーで「我々は同じように戦うしか
ない」と言っているが,別の言い方をすれば「W杯でも同じように戦って負けて
帰るから,よろしく」と居直っているとしか思えない。

こんな監督にW杯を任せて良いのか?監督を代えるのは今からでも遅くはない。
このままでは選手たちがかわいそうだ。鳩山と沖縄の関係も同じだが…。■

お先真っ暗な岡田ジャパンと鳩山内閣

「最低でも県外移設」と「最低でもベスト4?」

岡田ジャパンのW杯最終メンバーが発表されたが,予想通り鹿島の小笠原は入ら
なかった。監督には自分のチームを原点から見直してほしかったが残念ながら
無理だったようだ。

選手の平均年齢はざっと計算しても28歳程度になり,日本的な年功序列が目立
つ。1月の東アジア選手権で岡田はすっかり自信をなくしてしまったようだ。
自分の感性によらずに,実績中心で無難に決めてしまったと考えられる。
後で言い訳がしやすいように…。

記者会見でも「ベスト4を目指す」とは一言も言わなくなった。空気の薄い高地で
年功序列メンバーでどうアグレッシブに戦うのだろうか。岡田の頭の中はすでに
真っ白であり,思考回路が働いておらず監督としての体面を保つのに精一杯だ。

次のW杯は中国をはじめ新興国が強くなってくるから,日本がアジア予選を通過
するのも難しくなるだろう。だから今年こそ,まともな監督まともな選手で悔い
のない試合をしてほしかった。

5月5日号でも書いたが,鳩山と岡田はそっくりだ。「最低でも県外移設」と
国民をだました総理の支持率は80%から20%へと急落している。同様に,岡田は
「ベスト4を目指す」とすっかり国民をだましたしまったが,FIFAランキング
は岡田就任から今日までに10位程度単調に下げている。

昔のリーダーは大口もたたくが懸命に努力もしたものだ。いまどきのリーダー
は ほらは吹くが努力はしないものらしい。

街中の素人アンケートでも選手に元気がないし,監督からは能力を感じない,
との意見が多い。国民はすっかりさめてしまっている。仕方ないので今回の
W杯はあきらめて,のんびりテレビ観戦することにしよう。政治も最悪だし…。

石川遼君に学ぼう

岡田監督は石川遼に学べ

欧州視察を終えた岡田監督が帰国したとか。W杯初戦カメルーンの監督の情報を
仕入れて来たとかで,ご機嫌だったらしい。どっかの国のアホな政治家と変わ
らない。

W杯イヤーの今ごろになって,ヨーロッパの専門家のありがたい話を聞いても,
いっぱい試合を見ても情報は入り乱れていて,どれが役に立つのかなど分から
ないだろう。みんな自分の国を勝たせたいのだから。

灯台もと暗しである。戦うであろう相手のことばかり気にしていても限がない。
今は原点に戻って自分のチームを見直す最後の機会なのだ。

石川遼君が58のスコアで優勝した。岡田監督には石川遼的な信念が必要だ。
頭で考える小細工や戦術でなく,全てのサッカーの常識を忘れて原点に帰って
一から考えなおすことだ。

最年少での優勝,最年少の賞金王,世界新の58など常に自分の原点から出発し
いつもゴルフの常識を否定して練習し続けた結果であろう。

岡田の仕事はヨーロッパをほっつき歩くことではなくて,自分のチームを原点
から見直すことだ。体も小さく足も遅くスタミナもない日本がW杯でひとつでも
勝ちたかったら,石川遼に学ぶ以外方法はないと思う。

「基地は最低でも県外」と言っていたが,「やはり県外は無理」と沖縄でひらき
直ってみせた,どっかの国のうそつき総理と,「W杯ベスト4」とほらを吹いて
国民を煙に巻いたどっかの国のサッカー監督とあまりにも似ていないだろうか。

W杯は理屈では勝てない。岡田監督にはそれに早く気付いてほしい。5月24日の
日韓戦を見れば岡田が逃げ腰か,本気になってきたかが分かると思う。■
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード