スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア杯:日本には歴史があった

アジア杯対オーストラリア 1:0

前半,無失点で終われたのは奇跡に近いと思えるほど「ツキ」だけで何とか守
り切ったと言える。香川を一人欠く影響はこんなに大きいのか。初スタメンの
藤本はボールは中継するが,攻める気持ちが全くない。何とかしないと後半に
必ずやられる。

<後半>

藤本に代えて岩政の投入は正しいと思う。これで攻撃のスイッチが入った。
後はいつ日本が点を取るかだ。90分では点を取れなかったが,延長戦に期待だ。
選手は落ち着いてきたから絶対勝てる。

<延長前半>

日本が攻める場面もあったが,相手の攻撃に圧倒されてしまった。キーパーの
川島ががんばっている内に何とか早く点をを取ってくれ!

なぜ必ず勝てると感じたかと言うと,日本は相手の守備を完全にくずして何度か
シュートまで持っていけているからだ。

半面,オーストラリアは日本を崩せない。偶然に自分の前にボールがころがって
来て川島と一対一になることがあっても,山で人間と熊がばったり出くわすとき
のようで,一瞬息をのむからシュートが決まらないのだ。相手は幼稚だ。

<延長後半>

オーストラリアの攻めが単調になってきた。攻められる時間は長かったが,
負ける気はしなかった。長友のサイドから,前田に代わった李の落ち着いた
ボレーが決まった後は,相手の選手はすっかりあわててしまったようだ。

これがアジアの新米と4回目の優勝をねらうチームとの歴史の差だと思う。
オーストラリアが優勝するには,まだまだ年月がかかりそうである。

MVPは本田だが,我々から見るとすばらしかったのはザッケローニである。
癖のあるオシムや岡田と違ってザックは当たり前の監督なのが良い。当たり前
とはバランスがいいことだ。このツキのある監督はどこまで日本を連れて行っ
てくれるのか楽しみである■


スポンサーサイト

アジア杯決勝…日本人は守らない


前号でも書いたようにザックは1点のリードを守りきろうとして失敗した。
勝って当たり前の試合を危うくした。

うみ太郎は日本史に詳しくはないが,日本の歴史の中で例えば城を攻められて
守りきった例はあまりないのではないか。

必死に守るよりも迎え撃つのが日本流。城だってもっと頑丈な城を作る技術は
あるのだが,石垣以外は木造建築であり火をつけられたらひとたまりもない。
ヨーロッパの城のような石で固めたのと違うのは,もともと守りきるつもりが
ないからだろう。

オーストラリア戦では日本が先取点を上げて,そのまま持ちこたえることだ。
守りきるのではなく点を取られたら取り返して,最終的に少ない点差でもいい
勝ちきることだ。

守りきろうとしたら,やられる。勝敗はザックの采配にかかっている。

香川が抜ける実質的なマイナスだけでなく,所属するドルトムントの監督は
ザッケローニを「ばかやろー!」と言っているに違いないので,つらい。

小指付け根の骨折は疲労骨折のようにして起こることが多いらしく,選手たち
の健康や体調への気配りにかける,と指摘されかねない。

ザッケローニは絶対に負けられない。これまでの勝利は「つき」だけでない
ことを示さないと,男がすたる■

勝って当然の試合


アジア杯対韓国 2:2 PK勝ち

韓国メディアは戦争だという。柔道の試合なのに相手は刃物を持ち込もうと
しているような勢いである。我々は知恵と技術で戦おう。

香川・本田・岡崎・前田で作る攻撃のダイアモンドを韓国の守備陣は90分持ち
こたえられないだろう。このダイアモンドはヨーロッパのトップリーグでも
通用するように思う。

守備では確かに韓国の方が力があるかもしれないが,長谷部や遠藤が補えば
良いだけの事だ。長谷部はいつでも一生懸命だから,遠藤の出来具合で今日の
試合も決まってくるだろう。

試合を見て行こう。

試合開始からしばらくは日本のボールタッチの方が多い。しかし,遠藤はどこ
にいるんだ?こういうとき日本は不安定で,地に足が着いていない攻撃だ。
そのとき,一発のロングパスが遠藤や長谷部の頭を超えてパクチソンへ届いて
しまった。応対した今野がPKをとられた。

PKで1点とられた後,遠藤のボールタッチが増えてきて,日本の攻撃が安定する
と共に韓国選手が前へ出てこれなくなって,2ndボールを日本が拾いだした。

日本が流れをつかむ中,長友のすばらしいフリーランニングに本田が合わせて
最後に前田が飛び込んだ。今回のアジア杯最高の得点を演出してくれた。

後半もこの流れで日本の2点目も間もなくかと思ったが,徐々に足が止まり
始めた。本田も香川も,一番動けなくなったのは遠藤だと思う。疲れたときは
頼りになるのは岡崎か!

その岡崎にボールがでた。あわてた韓国選手が岡崎をペナルティエリア内で
挟み込んだため,PKをちょうだいした。1点リードした。

ザックは1点を守りきる作戦に出た。細貝を伊野波を入れ,本田卓也を入れ
徹底的に守りを固めた。しかし,日本の最も苦手な戦法であることをザックは
知らないのが残念だ。日本は守りきれないことをザックは覚えてほしい。

延長戦残り後1分,いつものように同点に追いつかれてしまった。ところが,
韓国は同点にした満足感から,気が抜けてしまったようだ。ありがとう!
PK戦では自滅してくれた。しかし,韓国の選手たちにとっては悔いのない試合
だったと思う。

前の試合から今日まで少し休みすぎたのではないだろうか。みんな動きが
鈍かった。頼りになったのは岡崎と長友だった。

決勝戦では目の覚めるような試合を見せてほしい。絶対に守りきろうと思うな■


次は韓国をボコボコに

アジア杯対カタール 3:2

カタールは開催国であり,2022年W杯開催予定国でもあるから,絶対に勝ちたい
試合だろう。そんなチームを叩き潰すのは,この上もない楽しみである。

前田が本調子になり岡崎は絶好調な上に,本田が戻ってくる日本の攻撃陣を
相手のディフェンダは防ぎきれないだろう。少しでもすきを見せると香川の
シュートが待っている。今日は香川が決める日だ。

だから,相手は守れないならば攻撃するしかないので,超攻撃的に先取点を
取りに来ると考えられる。今日の主役は,やはりボランチの遠藤であろう。
遠藤や長谷部がしっかり守り抜き,奪ったボールを如何にすばやく前へ運べるか
が今日のポイントとなる。バックパスは厳禁だぞ!
これからのアジアサッカーを象徴するようなすばらしいゲームを期待しよう。



試合が始まった。開始10分までは日本も慎重だったし,相手は攻めようとしても
体がカチカチで鋭さを欠いていた。13分カタールの一人が足を痛めて退場した。
どうにか試合にうまく入れたな,と皆そう感じたのではないか。この瞬間,
日本に油断が生じた。一瞬棒立ちになったディフェンダの裏をつかれてあっさり
失点してしまった。よくある失点のパターンである。

日本が追いついたのは細かいパスから例によって岡崎が飛び出したのに合わせて
香川が決めてくれた。予想通りである。

遠藤がいるのかいないのか分からない。吉田の退場も吉田だけの責任ではない。
しかし,皮肉なことに10人になってから遠藤の存在が見えてきて,一人少ない
日本の方がよほど組織的で攻撃的であった。

遠藤は今日は守りを重点的に戦うように指示されていたのではないか。だから
指示がこれまでと違ったため,攻めて良いのか守っていいのか中途半端だった。
実力ではかなりの差があるのに,試合を難しくしてしまった。

うみ太郎の予想通り,今の日本の攻撃力はアジアのチームでは止められない。
だから,裏を取られて突然の失点をしない限り,次も負けはないだろう。
次は,決勝戦に備えて本田のシュートを期待しよう■



次は香川に期待する


アジア杯対サウジアラビア 5:0

松井と本田の怪我が気になる!松井は帰国が決まった。本田の代わりに柏木が
スタメンデビューとなったが,正解だろう。なぜなら,相手は予選敗退が決ま
っているから,最初だけがむしゃらに突っ込んでくるに違いない。本田の怪我
を悪化させないためにも,柏木の先発は正しいと思う。

柏木は大試合に不慣れだから,今日も遠藤がゲームをコントロールすることに
なり,試合結果は遠藤のできにかかっている。日本のためにがんばってくれ!

試合が始まると日本の選手たちの動きが全体的に鈍い。相手が今日はいけると
思った瞬間だった。遠藤からのロングパス1本に抜け出した岡崎があっさりと
決めてしまった。日本にスイッチが入ってしまった。

これまでの2試合との大きな違いは先取点を取っても攻め続けたことだ。毎試合
予定通りに進歩している。こうなると後はもう消化試合だ。

13分,香川からのボールは前田がおとりになって岡崎がダイビングヘッドを決
めた。岡崎が一番好きなパターンではないか。

18分,左サイドの長友から前田へ浮き球を前田らしくトリッキーに決めた。

3点取られると相手は何となくロボットのようにサッカーをやっているだけで,
気持ちが入っていない。この3点で試合は完全に決まってしまった。

後半は相手は本気で攻める気がないので,楽な後半となった。キーパーの西川
や柏木も良かった。伊野波も途中交代したが1アシストの活躍である。その他,
交代した岩政も落ち着いていた。

先発メンバーが代わったり,複数の途中交代選手がピッチに入ると,これまでは
選手たちの動きがばらばらになって試合にならない場合が多かったが,今回は
誰が入っても,そこそこ戦えたのはすばらしい。

交代選手が入るとパスの出し手と受け手の呼吸が合わず見ていていらいらするが,
5分もパスを回しているうちに,タイミングが合うようになって来る。
くせのない経験豊富な監督の眼があるので選手たちは安心して練習通りのことを
やるだけと,割り切っているからだろう。頼もしいチームに育ちつつある。

遠藤は途中交代したが,合格点だ。他の選手が一休みしたがっても,遠藤だけは
ボールを前へ運ぼうとしていた。監督の教育的指導のおかげだろう。結果として
岡崎のハットトリックが生まれたとも言える。

こういう肩の力の抜けた試合ができれば,ランキング上ではるか格下のこれらの
チームと対戦して5-0程度のスコアは当たり前のはずなのだ■

 NEXT>>
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード