スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代歌わないなら日の丸はずせ


今回はザックジャパンだけでなく年代別日本代表についての意見を述べたい。

オリンピック代表のクウェート戦はどうだったろうか?ホームでは3-1で勝ち
実力の一端を見せたが,アウェイでは逆転負けしている。技術的には連携が
取れているが,精神的には連帯がない。

守備をするとき一瞬みんなが棒立ちになる瞬間がある。同じような瞬間に2失点
してしまった。みんなが棒立ちになることは,みんなが人任せになっていると
言うことで,気持ちの上での連帯感がないことを示している。

精神的な連帯を強化するにはどうするか?酒を飲みながら話し込んだり歌を
歌ったり,ではないだろうか?酒が飲めないならみんなで歌を合唱するのが
手っ取り早いに決まっている。

なぜ,試合前の君が代を歌わないのか?また,日の丸と君が代は一対である。
国歌を歌わないなら国旗を付けてプレーするな!試合に出すな!

U-17の日本代表にも全く同じことが言える。A代表でさえ歌わない選手がいる。
みっともない試合をやりたくなかったら,大声で合唱しなければならない。

強いチームを見習ってほしい。目の前になでしこジャパンと言う良いお手本が
いるではないか■
スポンサーサイト

消化不良のザックジャパン

6月7日 チェコ戦 0-0

ペルー対チェコの試合もダサイ試合だった。ペルーの試合ぶりは手堅いし,
選手たちは一生懸命で粒ぞろいだが,個性的でなく面白い試合をやらない
チームだ。

今日の日本はヨーロッパ組が多いから身長差など気にしないでチェコに対する
だろうから,ペルー戦と違って面白い試合が期待できる。

ザックは絶対に勝ちにこだわるだろう。しかし,監督としての意地もあるから
4-2-4には戻さないに違いない。3-4-3にこだわるならザックは必ず「奥の手」
を使うことになる。ファンにとってはそれが何よりも楽しみだ。

ペルー戦では孤立してしまって,ほとんどボールに触れなかったFW前田に何を
指導したかだ。あるいは李忠成を使うか?うみ太郎的(?)にはどちらでも良い
のだが…。

試合が始まると何とか得点したい日本は消耗を惜しまずに攻め込んだが,最後
のシュートがなかなか打てない。しかし,それでも良いではないか…。それは
チェコのカウンタ攻撃の回数が減らせたからである。

3-4-3は,攻撃は最大の防御の意味であると読み解けた。守備の下手なジャパン
にはこのシステムは有効である。

ただし,みんなで攻めてみんなで守る必要から,スタミナが絶対条件になる。
名手遠藤が途中で家長に代えられたのはそのためであろう。

2試合で1点も取れなかったことは確かだが,3-4-3は日本に適していると見た。
ただ,上位チームと当ったとき,どうなるかは未知数である。

だから何としてでもコパアメリカに出る必要があったっんだ!
今さら言っても仕方ないが…。

相手ゴール前のセンタリングに飛び込んできたのは誰かと思ったら内田だった。
徐々に新システムは機能し始めていると考えて良いのではないか。ザックの
奥の手は見られなかったが…。次の試合が楽しみだ■


ザックジャパン初のださい試合


6月1日 対ペルー 0-0 引き分け

ザッケローニに言わせると3-4-3を試す試合なのだそうだが,あまりにも正直に
その通りに並びすぎる。特に,中盤の4人が横一線に並びすぎだ。横方向に広く
並ぶから,サイド攻撃はやり易いかも知れないが,縦パス1本で守備を突破され
てしまう。

ペルーも似たようなフォーメーションだが,4人が有機的に自然に連動していて
全体的な動きは日本よりもよほど良い。参考になったはずだ。

ペルーは6人の交代枠内で次々に選手を入れ替えたが,誰が出てきても動きは
早いし,すばらしいシュートを持っていて,仕上がりの良さを感じさせる。

反面,日本は人が代われば代わるほど有機的な機能性がうすれて試合終了前の
15分ぐらいは一方的に攻め込まれてしまった。これはシステムどうこうの問題
ではなく,選手たちの戦う姿勢の問題だろう。

本田も長友も途中出場となったが,出たら出たでそこそこのパフォーマンスを
見せてくれたけれど,決定的な場面はつくれなかった。7日の試合を期待する
しかない。

昨日は,香川を除けば,みんな元気に帰ってきたので,それをよしとしよう。
FIFAランク54位の格下のペルーだが,ミスを避けるためか試合への入り方は
慎重であり,終盤でもスタミナを落とすことなく猛攻撃を仕掛けてきた。

良く0点に抑えきれたと思う。「つき」があったことも間違いない。

次のチェコ戦はシステムどうこうとは言っていられない。勝ちに行かなければ
ならない試合だ。だから昨日はださい試合だったが,いろいろ言わないことに
しよう。

ザックジャパンは無敗である。勝つか引き分けしか経験がないことになる。
7日の試合は何が何でも分けでなく勝ちにいってほしい■


 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード