スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何がなんだか良く分からない試合

今日のオーストラリア戦は2:0でザックジャパンの勝ちと予想する。

この試合は攻撃力を見るよりも,いかに完封するか日本の守備力を見るのが
楽しみだ。何とか完封してほしい。

吉田がケガ,今野は発熱と守備力の低下は避けられない。遠藤や長谷部は守備
に時間をかけることになるから,攻撃力は前回よりも落ちることになる。前の
4人も守備にも貢献してほしいものだ。

攻撃に参加するときの遠藤はすばらしい。ヨルダン戦でも本田へのラストパス
は今でも目に焼きついている。しかし,これは相手が守備的だったので遠藤が
前目にポジションがとれた結果だ。

今日は守備中心にポジションを下げると見事なラストパスは難しくなる。それ
ならば,遠藤よりも体の強い細貝の方が役にたつように思う。でかい相手に
体をからめてでも何とかボールを奪い取ってほしい。ボランチ辺りが簡単に
ドリブル突破されると,すぐシュートが飛んでくるから,コーナーキックも
増えることになり危険だ。

攻撃は前田・香川・本田・岡崎の4人に任せよう。1,2点は取れると思うが0点でも
良いではないか!

しっかり守ってシュートの打ち合いは避けよう。完封できるかどうかが今日の
見所だと思う。

■ 結果は 1:1 引き分け

試合が終わってみると,何がなんだか良く分からない試合だった,と言うのが
実感だ。

ロングボールと体力で中盤を省略して攻めて来るので,今野と栗原に無理が
かかる。ボランチの遠藤と長谷部は守備においてほとんど役に立ってない。
おかげで今野と栗原で3枚もイエローカードを受けることになってしまった。

オマーン戦やヨルダン戦のように,守り切ろうとする相手のゴールをこじ開け
る攻め方はできるようになった。次は守るべき時,守るべき試合はきちんと
守れるチーム作りをしてほしい。

例えば,長友がハイボールに対応するとき,相手は背が高いからどうにもなら
ない。中盤の選手が助けに行く必要があるが,そういう守備での連携がない。
もっともっと工夫する必要がある。

この程度のチームを完封できないようでは,ワールドカップではすぐに負けて
しまうだろう。意味不明なジャッジのおかげで,ファンの頭の中は混乱して
しまうが,監督は冷静に守備の連携を研究してほしい。

それにしても香川の動きはすばらしかった。何とか1点取ってほしかった■





スポンサーサイト

レッドカードは要らない

■ザック 6:0 ヨルダン   6月8日

日本の6月のFIFAランキングは30位→23位と上昇し,オーストラリアを抜いて
アジアで再び1位となった。ヨルダンはこのところ80位辺りと低迷している。

ランキング上位で調子が良すぎるザックジャパンと,下位に低迷するヨルダン
では結果は十分に予想されるものではあるが,テレビ局が視聴率稼ぎ(?)が
目的なのだろう,危機感をあおっていた。

およそ18ヶ月前の昨年1月のヨルダン戦では前田・本田・遠藤みんな調子が
悪かった。今回はヨーロッパ組みを中心に個々に力をつけてきたし,みんな
絶好調である。若者たちの進歩は早い!

試合が始まると,運動量・個々の技術・作戦どれをとっても,素人目にも
明らかな差が認められ,6得点完封勝利は当然の結果だろう。

もっと面白い試合を期待していたが,相手にレッドカードが出てしまったこと
本田が後半途中に交代したことの2点で,面白さが1/4になってしまった。

2:0となったところで相手にレッドカードが出てしまったが,審判も両チーム
の選手たちもラフプレーにはもっと注意を払ってもらいたい。一人減ると実際
の実力が分からなくなって勝つ確率は大きく増えるが,つまらないゲームに
なってしまうからだ。

ハットトリックを決めた直後,本田は中村と交代した。監督と握手をしながら
「交代なんかしたくない」との意思表示をしているかのように見えた。監督は
苦笑していたが,本田のワールドカップにかける強い気持ちを感じた。

本田がピッチを去っても流れは日本のものには違いないが,神経質な短いパス
ばかりで,迫力が半減してしまうのは残念である。本田がもう一人必要だ!

後半開始からの5分間は相手の出方を見てしまった。何本かドリブル突破され
危険なシュートを浴びせられた。この5分間がこれまでのヨルダン戦での戦い
ぶりであり,ラッキーな得点を与えてしまっていたのだ。体の小さい日本人に
とっては常に攻撃こそ最大の防御だ。

日本はドリブル突破には弱いから,前側の選手たちの守備意識が欠かせない。
次のオーストラリアはドリブルやロングパスを多用してくるに違いない。
重量級選手のドリブルをどう防ぐかが次の課題になるだろう。

香川は得点こそ少ないが攻守に走り回っている。最後にシュートした後,足が
動かなくなったらしく顔をしかめていた。ヨーロッパ・ベストイレブンの選手
には申し訳ないが,次の試合でも力の限り走り回ってほしい■


本田が居る安定感!


■ザック 3:0 オマーン      6月3日

本田がチームの中心にいるザックジャパンの安定感は抜群だ。ヨーロッパでの
実績では香川が上かもしれないが,ザックジャパンでは本田の存在が重要だ。

左側の香川・本田・長友の関係は実にすばらしい。この3人でパスを回すと,
まるで遊んでいるかのようにスムーズだ。右側の前田・岡崎・内田(酒井)
の3人にも左組みのような良い関係ができると,もっと攻撃が安定するだろう。

内田や酒井もドリブル突破だけが役割でないことを学んでほしいものだ。
そして左組から右組へ,あるいはその逆のクロスパスが決定的なラストパスと
なることは明らかだ。

しかし,試合が始まるとすぐに内田が何度となく攻め上がったのは監督の作戦
なのだろう。相手の守りを右組みに集めておいて左組の負担が軽くなった
ことによって,長友→本田の早め先取点となったと思われる。内田はすばらし
かったが,もっとやれる!

ほとんどが速いパスに慣れている海外組みのためか,前回のアゼルバイジャン
の時と比較するとミスパスが大幅に減ったと感じた。結果として無駄な走りが
少なくなって,その余力を直接的に攻撃や守備に当てることができ,すばらし
い試合となった。

後半の中ごろに監督は本田を呼んで声をかけていたが,おそらくは体調を確認
したのだろう。しかし,本田は「聞く耳持たず」といった態度だった。明らか
に疲れているようであったが,「これは俺のチーム」との自覚があるのだろう
「交代させられてたまるか!」と言いたげな強い意志を感じた。本田は100点
満点だったと思う。

遠藤は攻守のバランスをとると言うことで,一般的に評価は高いようだ。
本当にそうだろうか?

昨年1月のヨルダン戦では遠藤のミスパスが目だっていたから気になる。
次回はヨルダン戦である。細貝ではダメだろうか?■
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード