スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマーン戦:勝利はピッチのおかげ


2012年11月14日

■W杯アジア最終予選 対オマーン戦 2:1


忙しくて,ブログを書くのが遅くなってしまった。残念…。


酷暑の中東の国でわざわざ日中に試合をやるんだから,これはもう嫌がらせだ。
しかし,おかげで我々は夕食をとりながらテレビ観戦できるのだが…。

さまざまなアウェイとしての条件の悪さが重なって,中東ではいつも苦戦する
ことになるらしい。しかし,今回は一つだけ悪条件が緩和されたことに気付く。

それはピッチの状態が改善されたことだ。芝は少し刈り込みすぎにも見えるが
日本選手にとってはデコボコのピッチよりはよほどやりやすいに決まっている。

車でもデコボコ道を走るときは小口径のタイヤよりも,大口径のタイヤの方が
安定する。背が低く足が短い(?)日本人には整備されたピッチが不可欠だ。

確かにこのボールの走るピッチを利用したのはオマーンの方だった。フリー
キックからの直接の得点は低い弾道のピッチをこすりながら飛んできたボールが
ゴールに吸い込まれてしまった。

しかし,よく整備されたピッチは技術レベルの高い日本選手に全体的に有利で
だいたい安心して見ていられる試合となった。

日本の得点は前半長友,後半は酒井高徳のすばらしいクロスに,ゴール前で待ち
かまえていた選手たちが反応したもので,ピッチが良かったから正確なクロス
を供給できたものと考えられる。

ピッチさえきちんと整備してくれたら,中東はもう怖くはない■


スポンサーサイト
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード