スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かもの足りない20年目のJリーグ


GWのお休みの中,何試合かのJリーグ中継をテレビ観戦できた。
昔のように試合中にヘラヘラ笑っている選手はまずいなくなった。
確かに一生懸命やっている。Jリーグ20年の進歩は大きい。

横浜のマルキーニョスや鹿島のジュニーニョなどの,かってのストライカーも
まるで動きが悪い。得点ランキングの上位には外国人助っ人の名はない。

これらの個人技に優れた選手がピークを過ぎたから,何かもの足りない。
新たに大物助っ人を海外から呼ぶ金はどのチームにもなさそうだ。

日本人で個人技で楽しませてくれるのは中村俊輔が安定している。浦和の
原口元気の70mドリブルシュートには目を見はったが,毎試合すごい個人技を
安定的に見せる選手ではないようだ。

良い選手はヨーロッパに持っていかれ金がないから助っ人も呼べず,あるのは
一生懸命さだけになってしまった。

ただ「一生懸命」だけでは十分な集客力にはならないだろう。
日本選手ならではの頭脳的な組織プレーの研究が必要なのではないだろうか?
Jリーグ次の20年に向かって一工夫して,野球人気を完全に追い越してほしい■

スポンサーサイト
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード