スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自滅したディフェンス


■3月5日 対ニュージーランド 4-2 ザックの勝ち

ニュージーランド代表にもヨーロッパで活躍している選手が含まれている。
しかし,その他は国内リーグの選手たちだ。ニュージーランドの国内リーグの
選手は全員がアマチュアだと言う。

アマチュア・ベースのチームから奪った得点をあれこれ議論しても無意味だ。
問題は失点した2点の方だ。

1点目は最終ラインからのロングパスによる失点だ。キックした選手の近くに
FWの大迫がいた。プレッシャーをかけてほしかった。そうすれば,ロングパス
は正確さを欠いたに違いない。

攻撃が終わったらFWはお休みなのではなくて,ディフェンスの始まりだろう。

次に,酒井宏樹と蛍との間でマークの受け渡しをするときに,酒井の対応が
0.5秒ほど遅れてドリブラーに裏をとられてしまった。

ドリブラーはゴール前にクロスを上げようとしたがボールは蛍の腹に当たって
蛍は0.5秒ほど立ちすくんでしまった。

当然ドリブラーはゴールエリアに侵入してきたが,森重の対応がもう0.5秒
早ければシュートを防げたかもしれない。

要するに,FWの守備の甘さから始まって,次々に応対の遅れが生じて強烈な
シュートを受けてしまった。

人間のまばたきは0.3秒と言われている。それよりも少し長めのミスが4回ほど
重なってしまったから,合計2秒のずれとなってしまった。これでは失点しても
仕方ない。自滅してしまった。相手がうまかったわけではないと思う。

大柄で強靭な相手に体を硬直化させてぶつかっても跳ね返されるだけだ。
もっと柔軟な対応が必要だ。柔軟性とは瞬間前を予測することから始まる。

1秒とか2秒先の未来を予測しろとは言っていない。まばたきする程度の先を
予想しながらの柔軟な守備を期待しているのだ。なでしこジャパンはそれが
できている。

今回の2失点は,ギリシャ戦だったら4失点と言ったところだろうか。
90分間一瞬も気を抜かない戦いぶりが求められる。
もう技術がどうのこうのと言う段階ではないだろう■

スポンサーサイト
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード