スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川に点を取ってほしかった


■5月27日 対キプロス 1-0 ザックの勝ち

調子の出ない香川とか本田にゴールを決めてほしかったが,残念ながら二人
とも良いところが無かった。しかし,所属チームで溜まっていたストレスを
この一試合で半分は吐き出したのではないだろうか。次の試合に期待しよう。

長友はキレキレだった。何度もディフェンスを振り切って攻め込んでいた。
長友がつかれると,右の内田が攻め上がるようになって,チャッカリ得点まで
してしまった。なかなか要領が良い。

ただ,岡崎との関係がはっきりしない。その点,長友と香川の関係は良好だ。
岡崎は調子が良すぎて(?)空回りしていたように見えた。
内田も岡崎も勝手に(?)動きたがるようだが,ぜひ一工夫してほしいものだ。

FWは久しぶりの大久保が落ち着いたプレーぶりだったのは良かったと思う。
ボランチは長谷部と蛍の先発で良いのではないだろうか。

とにかく,どんぐりの背比べ的なチームだから,みんなで力を合わせながら
最後は個の力で得点するような,良いチームに仕上がるのでないだろか。

みんな良く走っていた。相手に走り負けなければ,この「攻撃は最大の防御」
チームは国民の期待に応えてくれそうに思う。応援しよう!■

スポンサーサイト

攻撃は最大の防御

5月12日ザッケローニはW杯ブラジル大会のメンバー23人を発表した。

大久保が選ばれた以外サプライズは無かった。
田中マルクス闘莉王は選ばれなかった。攻撃型のチームであることが分かる。

最近のザックジャパンの守備はほとんど崩壊している。今さら守備をいろいろ
研究しても間に合わない。1点取られたら2点を取り返す,2点取られたら3点
取る。日本人に守備は似合わない。

ザッケローニも,やっとそこに気付いたようだ。腹をくくったと言うことか!
戦術的にもホイッスルが鳴るまで攻撃を続けてほしい。

ドイツ大会の時は余分に(?)得点した後,守備に回ってしまい逆転負けした
試合があった。こういう試合は絶対にやめてほしい。

頼りの本田も香川も調子が出ていない。それがかえって良いのかもしれない。
本田や香川にだけ頼らないで,全員の力で攻撃し守備をしてほしい。

かって,磐田の全盛時代はゴン中山・藤田・名波・福西などが集まっていた
時代,気の合った仲間たちは誰がどこに居ても正確なパスが通って,相手の
選手たちをきりきり舞いさせていた。

決して大きいFWとか背の高いFWが居たわけではないし,特に足の速い選手が
いたわけではない。みんな同じような体つきだが,その連係プレーは素晴らし
かった。そんなチームを目指してほしい。

1試合また1試合と勝ち進むことができたならば,良いチームに仕上がっていく
のではないだろうか。スターのいないこのチームをみんなで応援しよう!■

 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード