スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は前へ前へ!


<日本代表2-1J選抜>

今日ばかりは親善試合だからJリーガー中心のJ選抜を応援しても「ばち」は当
たらないだろう。日本代表を選んだ「残り」から選ばれたのがJ選抜だから。

前半は両チームともにベストメンバーだったのだろう。それぞれの選手たちの
仕上がりもすばらしい。当初は一進一退であったが,日本代表の特に,本田,
岡崎,長友のゴールへ向かう気持ちがJ選抜よりも勝っていたようだ。

とにかく,よほどのことがない限りバックパスをしない。前へ前へとボールを
運ぼうとするのは,これら前向きな選手たちに監督が指導方針を合わせている
からだろう。

①ボールを持ったら必ずドリブルなりパスなり,とにかく前へボールを運ぶ。
②必ずその選手を追い越そうとする選手が現れる。

この2点がJ選抜とは明らかに違っていた。簡単にバックパスするのでボールは
奪われにくいが,攻撃のタイミングをなくしてしまう。Jリーグや古い代表の
試合と同じ戦法がJ選抜だ。

日本代表が前半に奪った2点は,いずれも前へ前へと向かう勢いが生んだ得点
である。Jリーグでもこのような戦法を学んでほしいし,そのような戦法に
耐えられるような体力と技術を身につけてほしい。

ザッケローニは前後半で選手をがらりと代えたが,フォーメーションも代えて
いる。前へ前へといっても誰でもできる戦法ではないからだ。

そんなわけで,後半はJ選抜もほとんどの選手が交代したので,はっきりした
優劣はなくなった。なんとなく緊張感がとれてしまった。

そこでタイミング良く三浦知良が交代で入ってきて,闘莉王のヘッディングに
よる巧みなパスに全力で走り込んで,見事にシュートを決めた。

ザッケローニ好みのシュートだった。こういう場面をたくさん見られるJリーグ
にしてほしい。

今日は大変意味のある試合だったと思う。サッカーだけでなく,これからの日本
は「前へ前へ」が求められる。世界100カ国以上に中継されたとのことであるが,
満足してもらえたのではないか■


スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/101-33c18b18
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード