スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ:トリッキーなプレーを減らそう


先月は「Jリーグはコパ・アメリカから逃げるな」の記事を書いた。Jリーグは
日程が厳しいのでコパ・アメリカはヨーロッパ組みだけでやってくれ」が国内
関係者のおおかたの意見である。

ところがヨーロッパ組も出場も怪しくなっている。FIFAが「この問題は当事者
同士で話し合ってくれ」と突っぱねたから,欧州のクラブ側が強気になり,
香川や内田などの招集に難色を示しているからである。

とうとうコパ・アメリカ主催者が「日本は出ないだろう」と発表してしまった。
残念ながら日本の出場はほぼなくなったと考えられる。

と言うことは,東日本大震災のためにJリーグの日程が狂って,結果として
出場が困難になったのではなく,もともと無理だったことになる。

サッカーは世界最大のスポーツだから一流の選手たちのスケジュールは誰でも
ぎっしりと詰まっているのは明らかであり,突然降って沸いたようなコパ・
アメリカの話など入り込む余地はないのは当たり前で,誰かが「この話は俺が
絶対にまとめる」と宣言して,気違いのように世界中を駆けずり回って協力を
取り付けないと成功するはずもない。

実際には誰も熱くなってない。事務的に仕事を進めているとしか思えない。

そう言えば,再開されたJリーグの試合はあまり面白くない。中心になって
がんばらなければならない選手たちの雑なプレーが目立つ。

しばらく試合が中断していた間に,ヨーロッパ選手たちのビデオを見すぎたの
だろうか,トリッキーなプレーが目立つ。

スルーパスをしてみたりヒールキックを多用するのはいいが,ミスをすると
結果はひどい事になる。ACLでもトリッキーなプレーからピンチを招く場面が
たびたび見られた。

日本人は器用だから何でもこなすが,残念ながら目は後ろに付いていない。
もっと日本人らしい堅実なプレーを中心に考えてほしい。

確かにどのチームも攻撃が早くなった。攻守の切り替えが早くなったと言える。
だからこそ,確実にパスを通さないと奪われたボールはあっという間にゴール
近くまで運ばれてしまう。

トリッキーな技術が感動を呼ぶのではなく,堅実なプレーによる実力のぶつかり
合いがJリーグ人気の再燃につながるのではないだろうか。

コパ・アメリカがダメなら,頭を切り替えてJリーグとACLに集中しよう。
がんばってれば,UEFA欧州選手権から招待されるかもしれないから…■

スポンサーサイト

comment

  #- URL

それこそ原さんが世界中を駆け回って、
協力を仰いでる最中なのではないでしょうか。
この前はスペイン、昨日はロシアにいたみたいですし。
恐らく各国クラブに頭を下げてるんだと思います。

1ヶ月前にも最初の報道と違った結論が出たばっかですし、
今回もJFAからの正式発表があるまで、何も決まってないものと考えてます。

いつもご意見ありがとうございます。  管理人 #djrlO9pI URL

原部長が走り回ってるのは分かっていますが,1対1の会話で終わるのでなく,
核爆発のように1人から2人,そこから4人と連鎖反応的に協力者が増えるような
そういう感触はありませんね。

3月末にはサルコジ大統領も緊急来日してるので,国会議員経由でヨーロッパ中
のサッカー協会に働きかけてもらう絶好の機会だったと思います。

そう言う,なりふり構わぬ対応が必要だったと思います。
日本の協会はいつも「お行儀が良すぎる」と思いますよ。
秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/103-4134a45e
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード