スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレクソ大阪…セレッソだっけ?


ザックジャパンの試合ではないけれど,9月27日セレッソ大阪対全北現代との
ACL準々決勝の国際試合が韓国内で行なわれた。

テレビでは深夜の放送であったから,録画予約をしておいて後で見る予定だっ
たが,1対6の惨敗だったと聞いて,見ないで録画を消去してしまった。

その後のニュースで韓国サポーターが「日本の大震災をお祝いします」との
ポスターを掲げていた,と報じて久しぶりに腹が立った。

いや,韓国サポーターに腹が立ったというよりも,セレッソに腹が立ったのだ。
1対6とボロ負けするほどの力の差はないはずだ。しかし,いろいろとアウェイ
の洗礼を受けたことは確かなようだ。

だからこそ,何が何でも勝って帰らなくてはならないのだ。もちろん勝負ごと
だから,幾らがんばっても負けることもある。しかし,ボロ負けはプロとして
許されないのではないか?

勝ったのだから,やつらが謝罪するのは簡単である。「幾らでも謝るよ」と
韓国サポーターは今笑顔のはずだ。

セレクソとなでしこでは月とスッポンほどの差がある。なでしこならアジアの
厳しいアウェイゲームでも歯を食いしばって戦って,涼しい顔で帰ってくる。

日本の男子チームは精神的に弱いことが見抜かれているのだ。だから,彼らは
日本チームが韓国にやってくると,いつも非常識な嫌がらせをやる。
止めさせるには勝つしかないのだ!

ザックジャパンも韓国と韓国内で戦うときは万全の準備が必要だ。
勝ち続ければ彼らは顔を上げられなくなるだろう■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/112-948b68e9
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード