スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブカップ決勝:八百長試合か?


12/18 バルセロナ:サントス 4:0

バルセロナにはメッシがいてサントスにはネイマールがいる。点の取り合いに
なるのではと思われたが,実際の試合はとんでもない内容だった。

試合開始からバルサが細かいパスを通しながら何度もサントスゴールへ迫る。
サントスはなす術が無く,ゴール前に全員が呆然と突っ立ってるだけである。
だから,どんどん点が入る!

特に気になるのがサントスの選手たちの顔が暗いということだ。バルサと対戦
するなんてことは滅多に無いことだから,全員で懸命に守備をして,少ない
チャンスを何とか生かして得点を狙うことが期待されたのに…。

しかし,実際はぼんやり立っているだけで,全力でボールを追い回す姿勢も
全く見られなかった。これは八百長試合なのか?ブラジルから駆けつけた多く
の応援団にはどう映っただろうか?

トヨタカップでは南米が優勝したり,ヨーロッパが勝ったりで,毎年お互いの
プライドのぶつかり合いが楽しみだったのだが,サントスからはプライドの
かけらも感じなかった。

確かに,FIFAランキングではブラジルは6位に下がっていて,上位はほとんど
ヨーロッパの国である。ブラジル経済が良くなって国民が裕福になって体型が
太めになってきていることは間違いないようだ。

サントスの選手たちは体格は良いが動きが鈍い。ペレの時代は裸足でボロ布を
丸めたボールを蹴っていたとのことで,ハングリーが多くの名選手を生んだの
だろうが裕福になると,しんどいサッカーなどやってられないのだろうか?

柏にはサントスに勝ってほしかった。サントス戦ではスタート時に硬くなり,
立て続けに2失点してしまったが,それ以外は柏の頑張りが目立った。
バルサの相手をするのはサントスよりも柏レイソルの方が良かったと思う。

ヨーロッパと南米では,これほどまでに差がついてしまったのか?
それともこれは八百長試合だっとのか?誰か教えてくれ!■


スポンサーサイト

comment

八百長試合。  shogo0218 #- URL

八百長だったかの真意の程は分かりませんが、八百長といってもおかしくないほど、サントスには手応えが無かったですよね。
さすがバルセロナ、と言って良いのかいまいち分からない試合内容でした。

  管理人 #djrlO9pI URL

一方的な試合でも国際試合となると局面局面では激しいのが当たり前ですよね。この試合はそれがなかった。
サントスのファンはどう見たのでしょう?知りたいですね。
秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/119-474935aa
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード