スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア戦は予想もつかない


■5月30日 対ブルガリア 0-2 ザックの完敗

6月4日の大切なオーストラリア戦を目前にしてザッケローニは最悪の試合を
してしまった。

原因は以下の3つに整理できると思う。
1)3バックを強行したこと
2)試合開始直後の失点で面食らってしまった
3)相手がすばらしかった

3バックはJリーグでも珍しくはないが,ザッケローニは何か特別な要求をして
るのではないだろうか。いずれにせよ,次のオーストラリア戦での3バックは
なくなったことになる。

開始直前の失点も相手のフリーキックをヘディングで中継されて,ボールを
吉田と栗原が相手選手の後ろから追いかける形となってフリーキックを与えて
しまい,直接ゴールにねじ込まれてしまった。

通常のポジションで守っていれば,いきなり相手の後ろから最終ラインの2人が
追いかけることはなかったろう。

マンチェスターユナイテッドの香川と言えどもシャドープレーヤーだ。強力な
FWが居てこそ,その真価が発揮される。乾や清武にしても同じこと。

だから前田の動きが重要だが,残念ながら動きが悪くてパスをうまく受けられ
ない。前田は去年までのFWだろうか。

遠藤が働かない試合は負け試合が多いようだ。最終ラインの位置が高めだから
そこから無理なく乾や香川にボールが入る。だからボランチの中継はいらない。

おまけに,遠藤は守備でも目立たなかった。
3バックを話題にするとき最終ラインに注目が集まるが,実はボランチとの連携
が最も重要であり,この部分が未熟なのだろう。

このチームでは3月のヨルダン戦同様に,負けるのが当たり前であった。

相手はみんなすばらしかった。常に足が動いていて最後まで気を抜かなかった
のはお見事。相手の目的は勝つことだった。ザックジャパンはシステムを試す
練習試合だった。

6月4日のオーストラリア戦はどうする?結局,本田頼みか?今日(6月1日)
ロシア杯決勝をこなしてから帰国するとのことだ。大丈夫か?

オーストラリア戦は予想もつかない。みんなで応援するしかない■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/147-c3da6a0b
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード