スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷い始めたザッケローニ


■コンフェデ杯 対メキシコ 1-2 ザックの完敗


またも,気の抜けたビールのような見たくもない試合を見せられてしまった。

前半の中ごろまではボールも支配できていてパスもある程度つながっていた。
しかし,それ以後は試合終了まで,パスが通らずボールを支配されることが多く
なってしまった。いったい何が起きたのか?

高いポジションをとっていた遠藤が,疲労からか徐々に下がり始めたからである。

後半も終わりごろに中村が入ってからボールをキープできるようになったので
遠藤が再び前へ出られるようになって,やっと1点取れた。

MFは中村だけでなく,乾も清武もいる。どんどん使ってボールポゼッションを
上げないと日本のサッカーにならない。

ディフェンダーは背が低いから長時間攻撃にさらされると失点する確立が高く
なってしまう。だから,ボールの支配率を上げて日本の攻撃時間を長くすること
以外に失点を減らす方法は今のところないと思う。

日本のサッカーの原点はMFによる高いボールポゼッションにある。
ザッケローニはこの原点を忘れている。形にこだわりすぎる。

本田も調子が出ない。パスを受け取ってから「どうしようか」と迷っている。
ザッケローニも大いに迷っている。二人で迷ってどうするの?

原点に戻って考え直そう。駒は十分に揃っているのだから■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/152-9b2331b2
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード