スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着けザッケローニ!


■東アジア杯(7/25) 対オーストラリア 3-2

ザッケローニは「この大会では全員を使いたい」と言ったとか。あるいは
中国戦が不甲斐なく頭にきたのか,スタメンを全員代えてきた。

不甲斐なさは毎度のことであり,中国戦も後半35分過ぎに2失点している。
相手をいなして楽しまなければいけない時間帯に,相手を楽しませてしまって
いる。ザックジャパン得意の(?)試合展開を見せてくれた。

だから,今日の注目点も「後半どう試合を締めくくるか」の一点に集中する。
後半30分ごろまでは2-0とリードして,さてここからどう試合を収めるかに
注目があつまった。

素晴らしい流れから豊田のヘディングシュートが外れたが,今日は勝てるなと
選手みんながそう感じたのではないだろうか。そのとき,相手の選手交代も
重なって,一瞬みんなが棒立ちになってしまったのだ。

その結果,31分と34分に2失点してしまった。まるで中国戦と同じだ。
また引き分けかと思ったら,大迫が3点目を決めて運よく勝つことはできた。
大迫が試合を救った。追加点を挙げて試合を締めくくったことは大きい。

しかし,試合終了間際の守備の仕方に何か問題がある!
守備陣は何となく夢遊病者のようにボールを追いかけているだけだ。
野球投手のクローザーのような,試合の締めくくり方を習得している選手が
いない。

どうすればいいのだろうか?試合終了間際では監督はベンチにどっかりと
座ってたらどうだろうか■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/154-7a6bd208
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード