スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ゴールへ向かって進め!

3月28日 対バーレーン戦 1-0 岡ちゃんの勝ち


============================== うみうみ太郎

前回のバーレーン戦は昨年の9月7日に行われ,3対2でどうにか岡田ジャパンが
勝ったが,試合の流れでは負けていた内容だった。

相手はカウンター狙いの戦法に自信があるようで,しっかりと守りを固める。
日本のボール支配率は高いがシュートが少ない。前回の試合と変わりなく両
チームともにまるで進歩がない。

田中・玉田・大久保のFW3人は多すぎる。押せ押せの試合展開のときはFW3人も
ありだが,普通は3人のうち1人はMFの仕事になるので,それならば中村健吾や
松井の方がいい。点を取りたいという気持ちは分からないでもないが,基本は
やはり基本だ。

田中も大久保もペナルティエリア内で倒される場面があったが,PKをもらえな
かった。ゴールラインに対して突っ込むのでなく,ゴールに向かった進もう。
ゴールラインに向かってドリブル突破できたとしても,シュートの角度が小さ
くなるから,少々足がかかっていたと見てもなかなかPKは出しにくい。

単に相手を抜かばいいのではなくてゴールに向かって突っ込む姿勢が日本人の
FWには欠けていると思う。FWの意識改革がどうしても日本のFWには必要だ。
アントラーズのマルキーニョスのゴールに向かう姿勢をよく研究してほしい。

前回も主張したことだが,中村と遠藤をボランチに並べるのがいい。ボランチ
から始まる攻撃は自然にカウンター攻撃になるので,飛び出しの良い日本の
FWにとっては最適である。

先取点を取りたい監督の気持ちはわかるが,気持ちだけでは点は取れない。
岡田監督のあさる気持ちは対戦する相手の監督にいつも読まれている。日本に
攻めさせておいて,疲れたところでカウンター攻撃を仕掛ければいいだけの話
だ。

がつがつ攻めるのではなく,しっかりと守ってボランチからのカウンターを狙
うような安定した作戦に切り替えてほしい。今回も中村のFKで1点取ってどう
にか勝つことができたが,毎度毎度そう都合よくはいかないだろう。

ボランチの強化とフォワードの意識改革が今後の課題だ。■

ご意見は下の3つのホームページの「お問い合わせ」からどうぞ。
太郎バナー 花子バナー 海うみバナー
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/24-4fba8340
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード