スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆何ともおバカなチーム

■■岡田ジャパン=================2009年6月号2号


6月17日対オーストラリア戦 1対2


=================================   うみ太郎

最近オーストラリアにおいて再び白豪主義が頭を持ち上げているようである。
白豪主義とは白人最優先主義のことであって,非白人の迫害主義のこと。

そんなのは100年前のことではないかと考えがちだが,最近のニュースでも
インド人留学生たちが頻繁に暴行を受けているようだと報じている。ラッド
首相は人種問題ではなく単なる普通の犯罪だと言い訳をしている。

白豪主義を改めさせるためにも,今日の試合は絶対に勝ってほしいのだが,
そこまでの気構えは岡田ジャパンにはあるはずもないが…。

試合が始まって感じることは相手のあたりが強いことだ。蹴ってくるわけでは
ない,手で突き飛ばしてくるわけでもない。自分の重心を相手の重心に軽く
ぶつけてくる。ぶつけられる度に日本選手はよろけるのでボールコントロール
に失敗するが,軽く当たってくるのでファールは得にくい。

ボールを持ってない相手に対してもすれ違う時などにも体を軽くぶつけたり,
腕を引っ張ったりしている。実に巧みな作戦であり,岡田ジャパンをよく研究
している。

日本の選手は筋力が弱く,ちょっとした外力でバランスを崩しやすいことを
良く研究している。相手が重心に向かってぶつかってくるならば,自分も当たり
返せばいいのである。しかし,日本選手はほとんど常に腰が引けていて,体の
バランスが悪いので,当たり返せない。

重心をぶつけ合うことはラグビーではよく使う手段である。オーストラリアも
ラグビーが盛んだ。子供のころから身に付いた体の使い方なのだろう。
ラグビーは日本でも盛んだから,サッカーの練習だけでなくラグビーの試合を
ラグビーチームとやってみるのもいい。

それにしてもおバカなことは,ドイツW杯のオーストラリア戦と同じ選手に同じ
ように2点取られたことだ。ビデオぐらい見ろよ!

コーナーなどのフリーキックのときにケネディという長身選手に闘莉王を当て
たが,それ以外の選手はフリーの状態だ。ケネディがおとりになってケーヒル
が飛び込んで来てゴールを決めるやり方はドイツW杯と同じなのだ。

確かに体力の差はある。だったらなおさら相手を研究してしっかりした作戦を
練ってから対戦する必要がある。選手は休ませても監督の脳は休める必要は
ないだろう。

相手はこの岡田監督の馬鹿さ加減を酒の肴に,美酒に酔いしれていることだろう。
ますます白豪主義が盛んになるに違いない。これ以上書く気にもなれない。■

来月はウズベキスタン,カタール,オーストラリアとの3戦の共通的な問題点に
ついてまとめたいと考えている。監督交代も考慮に入れて…。■

太郎バナー 花子バナー 海うみバナー

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/29-c64e8d3b
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード