スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆鹿島の小笠原を使うか監督が辞めるか



■■岡田ジャパン=================2009年7月2号


◆2009年前半のまとめ


==============================うみ太郎

Yuri

6月17日のオーストラリア戦を最後に岡田ジャパンの年前半の日程が終わった。
キリン杯などの親善試合は負けなしであったが,アジア杯予選やW杯予選は
3勝2敗2分けであり,運が良かったのでW杯予選を突破できたにすぎない。

そのわりには4位以内が目標だとか,具体的な策もないのに謙虚さのかけらも
なく,岡田監督の最近の態度が気がかりだ。

今年前半の問題点は以下の2点だ。

1.当たりに弱い
2.1点取った後の試合の運び方を知らない

この2点をある程度解決できない内は偉そうな態度をとらないことだ。

オシムが言うような,ただ走ればいいのではない。ちょっと体をぶつけられた
だけで転んでばかりではサッカーにならないからだ。当たりでは負けなかった
中田英寿氏をスタッフに加えてほしい。A代表とは全日本のことであるから選手
だけが全日本ではだめで,スタッフも含めて全ての点で全日本でなければなら
ないのであって,岡田一人では勝てない。

Jリーグの中では鹿島の戦いぶりは明らかに頭一つ抜きんでている。その中心
選手は小笠原であることは間違いないが,岡田はそれを認めようとしない。
小笠原を入れるとバランスが良くなると考えられるし,悪く言えばずるく戦う
ことも可能だ。特に1点先制した後はずるく戦う必要もあり,この選手がA代表
には不可欠だ。

自分流の選手の選び方などない。誰が見ても良いと思う選手を選んだ上で自分
流の戦術を与えればいいだけのことだ。監督のできることはそんなところだ。
自分の好みで選手を選んで自分流の戦い方を指示するとしたら,それは単なる
わがままということだ。

オシム以来A代表の監督が身勝手な意地を張るようになってしまった。オシムの
残した最大の負の遺産だ。麻生総理の真似はしてほしくない。周りの人たちから
自然に協力してもらえるような監督になってほしい。麻生太郎のように孤立して
はいけない。西野監督という手もある。西野の攻撃サッカーなら4位以内もあり
得るかも…。■

太郎バナー 海うみバナー
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/32-b683538a
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード