スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田圭佑の使い方が課題だ

南アフリカとの親善試合

11月14日 ポートエリザベス球場 0対0



わざわざ治安の悪い南アフリカくんだりまで出かけて行って負けて帰ってくる
わけにはいかない。南ア・チームのFIFAランキングは日本のはるか下。体力は
おそらくかなり上。この体力差をどう補うかが見どころだ。

岡田の作戦は局面で数的優位をつくることのようだ。しかし,数的優位を作る
には相手よりも余計に走らなければならないので,90分間続けるのは無理だ。
がんばって30分,その間に得点できなければ日本の勝ちはなくなる。

実際,試合開始30分間はそこそこボールを支配でき,おしいシュートが2本ほど
あったが,その後は相手が多くボールを支配して強いシュートも飛んできた。
これで日本の勝ちはなくなった。

疲れてた後でもできることは得意のパスサッカーであるが,ボールはキープで
きても縦にパスは通らないので得点に結びつく確率は低い。90分間戦える作戦
がほしい。

後半,中村俊輔が入ってから縦にパスが入るようになってきた。しかし,全体
に得点が入りそうな雰囲気はなぜか感じない。最後のシュートのとき,やはり
体力差が出るからだろう。結局,この体力差を補うような工夫は最後まで見ら
れなかった。

誰をFWに使うかも重要だ。先発がなぜ大久保なのか,どうしても分からない。
本田圭佑をFWに使ってはどうか。本田は決して中村の交代要員ではない。2人が
ピッチに同時に立って初めて高い得点率が期待できるのではないか。

ちょこまかした中盤のパス回しに本田はなじまないから,俊輔のいない中盤の
中に本田を入れても無駄だ。本田は中村の前で使うような工夫が必要だ。

まず,ベストな11人を選んでから作戦を立てるようにしたほうがいい。
ポジションがダブるから,などは理由にならない。

W杯ベスト4などと言っても,もう誰も信じない。言論の自由は誰にもあるから
言うのは勝手だが,口先だけでなく試合ごとの明確な工夫を示してほしい。■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/43-89416a73
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード