スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校歌を歌わない青森山田

高校サッカーも終わりか?

山梨学院大付属 vs 青森山田 (1-0)

1月11日高校サッカー決勝は山梨学院大付属が走り勝って青森山田を下した。
クラブユースサッカーがプロへの近道として定着してきたためだろうか,例年
よりも高校サッカーからJリーグ内定者が少なく,目立った選手は少なかった。

これからの高校サッカーは今までのような高校生らしいサッカーに戻るように
なるものと予想できる。

青森山田の選手たちは試合開始前のセレモニーで自分たちの校歌を歌わない。
自分は自分,プロになれたらいいなと,たまたまこの学校に集まってサッカー
をやっているのであり,校歌など関係ないと言わんばかりだ。

これからは,そういう生徒はユースクラブでプレーした方が良いのであって,
青森山田は中途半端だった。

そのてん,山梨学院大付属はもちろん校歌も歌うしプレースタイルが組織的で
仲間を信じて全力で走る姿はいかにも高校生らしい。このチームを応援したく
なるのは人情というものだ。

青森山田は準決勝でも2点リードしたために,その後手抜きをして同点に追いつ
かれ,PK戦でどうにか決勝戦の切符を手にしていて,チーム力と言うより個人
の力をたよる傾向にある。

試合開始直後から山梨学院大付属はスピードと組織力を生かして攻め立てて,
あっさりとゴールを決めた後は一進一退となったがそのまま1点を守り切った。

高校サッカーは来年度からはどうなるのだろうか?日本の大学生は勉強しない
と言われるが,高校生もやはり勉強第一だろう。そうしてくれないとこの国は
潰れてしまう。サッカーは趣味としてやってほしい。これからは,プロを目指
すクラブユースサッカーの方が注目を集めるのはしかたないことだ。■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/48-d9c83641
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード