スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア選手権 選手は悪くない!

対中国戦 (0-0)

ジーコジャパンの敗因の一つは両サイドが攻め上がった後の裏のスペースを
狙われたことにある。特に後半スタミナ切れを起こした後の連続失点は全て
この弱点によるものだった。岡田ジャパンではこの欠点を修正したために,
攻撃力が再び落ちる結果となっている。

昨年のオーストラリア戦辺りから,日本の欠点は体のぶつけ合いに弱いとみる
外国の監督が多くなっていて,先日のベネズエラも体をぶつけることに徹して
日本のパスサッカーを封じ込めてしまった。もっと体格の良い中国もおそらく
この体力勝負に挑んでくることだろう。さあ,岡田はどう迎え撃つか?無策の
ままで,ただ時間を過ごすのだろうか?

■試合が始まると,日本がボールを支配することが多く安心して見ていられる
状態が続いた。中国は上半身で激しく当たってくることはなかった。十分に
日本を研究してきていないようだ。

その代わりに足を蹴ってきたり,ひざ蹴りをしてみたりの"おろかな激しさ"が
目立った。アジアに多いこういうチームの相手をするのは日本は得意なはず。
今日は間違いなく勝ちゲームかと思えた。

ところが,何時まで待ってもシュートが打てない,従って点が入らないのだ。
サイド攻撃やクロスボールはヘディングで跳ね返され,ドリブルは止められ,
中央突破は体を張ったプレーで阻止された。ベネズエラ戦の小笠原のような
意外性のある動きがまるでない。打つ手がないのだ!

PKを与えてしまった段階でもう負け試合であったが,楢崎が良く防いでくれて
どうにか負け試合を引き分けに持ち込んでくれた。

試合終了後ファンのブーイングが止まなかったが,岡田は"前の試合の修正が
できて良かった"と感想を述べている。お前は馬鹿かと言いたくなる。W杯が
4ヶ月後に迫った今,選手たちにとっては勝つことが何よりの薬なのであり,
選手をいろいろ使ってみるなど今頃言っていては手遅れなのである。

日本はサッカー音痴の国だから,こんなみっともない試合を見ても国民的な
監督批判は起こらない。誰か,例えば釜本議員のような大物が一喝するしか
もう方法はないのではないだろうか?ガンバ大阪の西野監督を全日本監督に
推薦したい。今からでも遅くはない。■
スポンサーサイト

comment

  L #- URL

面白いブログだねー

ランキングからきました☆

はじめまして~♪

色々よませてもらいましたっ。また、遊びにくるかもー。

Re: よろしくお願いします。  うみ太郎 #djrlO9pI URL

> 面白いブログだねー
>
> ランキングからきました☆
>
> はじめまして~♪
>
> 色々よませてもらいましたっ。また、遊びにくるかもー。
秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/50-9ca07733
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード