スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原は使いたくなかった?


東アジア選手権 香港戦 3-0

試合後のインタビューで岡田監督は「後半の途中まで良くなかったのが実情。
遠藤が前に上がって良くなった」と言っているが,本当にそうだろうか。

後半に入ってなぜ良くなったかを振りかると,平山が入ってターゲットができ
たことと,小笠原が下がって遠藤とボランチを固めて攻撃と守備両面の起点と
なったからである。この時点で,相手は全く攻撃ができなくなり全員で守備に
追われることになったからだ。

さあ日本の攻めが始まるぞ!と思った瞬間,小笠原をベンチに下げてしまった。
確かにその後,追加点が2点入ったことは事実であるが,代わりに入った稲本が
良かったからではなくて,日本の攻守の形が整ってしまったので相手が攻める
意欲をなくしたためだ。

また,遠藤がポジションを上げたのではなくて,相手が全員守備に下がった
から日本はフォワードから最終ラインまでコンパクトになり,攻めたければ
誰でも攻め上がれる状態になっただけのことだ。

JリーグだけでのA代表を考えたとき,遠藤・小笠原のボランチはおそらく最強
であろう。今日それが初めて分かったではないか。しかし,岡田は全くそれに
気付いていない。小笠原を外したから動きが良くなったと思っているのだ。
それがインタビューに明確に表れているのだ。アホカー!

近代サッカーはボランチが攻守のかなめだと思う。しかし,岡田はフォワード
へ良いパスを出すのは2列目の選手だと固く信じてやまない。だから,小笠原
も本田圭佑も使いきれないのだ。本田を生かせない岡田をヨーロッパの評論家
は酷評していると言う。

韓国戦での小笠原の先発はなさそうだ。「東アジア選手権初優勝」と余裕の
表情でボケ監督が言っていた。中国が韓国を破ったので,日本は3位になるだ
ろう。にもかわらず「W杯はベスト4」と白けた目標を示し延命を図っている。
国会議員同様に岡田も自分の進退は自ら判断すべきだ。■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/51-f83125d9
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード