スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルキーニョスだけが目立ったACL

ACL一回戦4試合の評価

2月23日から今年のACLが始まった。24日分も含めてJリーグ4チームの試合ぶり
を見ると,岡田ジャパンの不調の原因が解るかもしれない。

<鹿島-長春 1-0>

小笠原不在のためかアクセントのないダラダラした試合となったが,中田が
攻守に活躍して,どうにかJ1王者としての面目を保つことができた。青木も
いつも小笠原のプレーを見ているからだろうか,良く走り回って相手の攻撃の
芽を摘んで,完封試合の貢献していた。

前半はさほどでもなかったが,後半に入って時間がたつにつれマルキーニョス
の動きが激しくなる。無駄だと思ってもボールを追う姿は疲れのみえる見方を
鼓舞するかの様でもあり,相手を威嚇するかのようでもある。

得点はCKからであったが,それ以外の見せ場は両チームとも無く凡試合だった。

<G大阪-水源 0-0>

遠藤を中心に正確なパスに基づくガンバらしい組み立てを見せてくれた。得点
できなかったのはツキがなかったことにしておこう。水源もおそらく自分たち
のプレーができていたと思われて,良い試合だったと思う。

<川崎-城南 0-2>

明らかにフィジカルの差が出た。何時も鮮やかなパスサッカーを見せる川崎も
とにかく体をぶつけてくる泥臭いサッカーには完敗だ。キャプテンの中村も
期するところがあったのだろう,いつも逃げる中村も今日ばかりは体をぶつけ
て行った。

なれないことをやると怪我をするという好例(?)を作ってしまった。あごの
骨折だと言う。もっと早くフィジカルを鍛えておくべきだったのだろう。ACL
のような激しい国際試合をやりたいのならば,川崎は根本的に考え方を変えな
ければならないだろう。

<広島-山東 0-1>

広島としては初めてのACLだからだろうか,なすすべもなく負けてしまった。
最初は足がすくんで見えた。次第に広島らしい鋭い縦パスもでるようになった
が後半に入ると単調なサイド攻撃だけとなってしまって,とてもゴールが決ま
るような予感は起こらなかった。川崎同様に完敗と言っていい。

■この4試合で目立った選手はG大阪の遠藤と鹿島の中田ぐらいのものだろう。
遠藤はA代表よりもよほどいいプレーを見せていた。と言うことは遠藤中心の
チームならば岡田よりも西野監督の方がふさわしいと言うことだ。小笠原を
使うならばオリベイラ監督がベストだ。

もし,岡田がJリーグの監督を務めたところで,最優秀監督に選ばれることは
あり得ないと言うことだ。逆に考えるとA代表監督は西野やオリベイラに頼ん
だ方が明らかに妥当だ。■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/53-11ff5639
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード