スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村俊輔 的サッカーでは勝てない


日々退化する岡田ジャパン

対セルビア戦 3-0 完敗!

4万5千の大観衆の前で,岡田ジャパンはまたも大失態をさらけ出した。こんな
試合で金を取るのかよ!今年1月の東アジア選手権で中国と韓国にぼろ負けし
たのに何の反省も何の工夫もなく,あっという間に2得点を与えてしまった。

ベテランの多いジャパンは何となく試合に入っている。今日もまたサッカーを
やるんだな,ぐらいの感じでボールをけり始めている。結局,岡田からの的確
な指示がないから,それぞれの選手たちが個々の経験だけで試合を始めている。

中村俊輔や遠藤保仁が目指すパスサッカーではもはや世界では勝てないのだ。
パスをすればするほどパスカットされる確率が上がる。またパスを続けながら
攻撃を組み立てようとすると,その分多くの選手が攻撃に参加する必要がある。

そうすると,カウンター攻撃を受けたとき当然守備の人数が足らないから失点
の可能性が大幅に増える。今日もその通りにしっかりと大量失点してくれた。
東アジア選手権大敗の経験が全く生かされず,また同じことをやっている。

おまけに,俊輔も稲本潤一も動かない走らない。ヨーロッパ帰りと言うが,
要するに使ってもらえなかったから帰ってきたピークを過ぎた選手たちだ。
遠藤保仁もピークを過ぎたと見られる選手であり,所属するG大阪も最下位を
現在争っている。

調子の出ない中村と遠藤を石川や山瀬に代えてから日本もいくらか落ち着いて
きたが,そのとき相手は守備を固めてしまったので,得点はとても無理だ。
相手は勝ちを確信してしまった。

中村や遠藤,稲本とか阿部ではだめ。パスセンスはあるがサッカーセンスがな
さ過ぎる。やはり鹿島の小笠原を入れないとゲームにならないのだ!

ゲームを組み立てる選手がいないから,前回同様に支離滅裂な試合だった。
岡田ジャパンはやればやるほどおかしなチームになっていく。岡田サッカーは
理屈っぽいサッカーだが理屈には必ず落とし穴がある。弁解はすれど反省が
ない。

日本全体の衰退とまるで同じだ。そんなに借金をしたら将来日本はつぶれると
言いながら国債を発行し,子供が減り続けると言いながら女は子供を生まない。
農産物の国産化率を上げないと将来大変だと言いながら,何もしない。

岡田ジャパンは我が国の現状とうり二つなのである。岡田監督は鳩山総理と
同様に何もできないし,何もしない。鳩山も岡田もやめる以外絶対に方法は
ない。日本にも岡田ジャパンにも夢も希望もない。

確かに,今の若者たちは稼ぐのに精一杯でサッカーどころではないらしい。■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/57-dd258b8d
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード