スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従来型の負け方に戻った  5月30日イングランド戦


1対2 岡ちゃんの負け

イングランドは日本を完全になめてかかって,まったり(?)とした入り方だ
った。そんな中で闘莉王の一発が生まれたが,W杯本番ではありえないことに
違いない。

後半に入るとカペッロ監督はスピードのある選手を何人か投入してボールを
支配することによって,オウンゴール2点を日本からもぎ取ってしまった。
この後半の姿がW杯におけるイングランドの戦い方だろう。

前半の戦いを冷静に分析して,後半に立て直して逆転して見せたのは,やはり
監督の力だと思う。

中村俊輔をはずしたのは正解であるが,なぜ遠藤を最後まで使い続けるのか
理解できない。遠藤はボールタッチも少なくプレーも年寄りくさくてメンバー
に選ばれたのが不思議なくらいだ。

本田慶介の使い方もまだ答えが見えていないようだ。後一つしか残っていない
練習試合で答えが出せるだろうか?作戦どうこうよりも選手が100%力を発揮で
きないようでは話にならない。

それはそれとして,前半で先制し後半に逆転される日本の従来型の試合ぶりに
やっと戻ったようだ。今年に入ってからは先制点さえ取れずに最悪の負け方が
続いたから,やっと原点に帰ったことになる。

後は後半に点を取られなければ良いことになるが,なかなか守りきれるもので
はなさそうだ。それなら,カウンター攻撃を仕掛けて相手の守備をかく乱して
はどうだろうか?

Jリーグには鹿島や川崎のようにカウンター攻撃の得意なチームもあるが,岡田
ジャパンでは見たことがない。みんな疲れてしまっていて,誰も全力で走ろう
とはしない。

前半得点した後は,前列の2,3人を交代させて戦い方を代えるのが良いのでは。
疲れの見えた選手を交代するだけでなく,意図した作戦に従った選手交代で
あってほしいものだ。

選手たちが100%の力を出し尽くせば,日本もイングランドその差は以外に少な
いと思う。大きいのは監督の力の差であることははっきりしているが…。■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/63-4e9576d2
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード