スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田はボランチで使え!


岡田は開き直る前に頭を使え!

W杯がいよいよ開幕するがテレビは別として,巷ではまるで盛り上がらない。
連戦連負だからだ。

ジンバブエとの練習試合のビデオを見ても,どの選手も当たり前のタイミング
でシュートを打つのでキーパーが早めに反応できるからゴールにならない。

シュートの前にちょっとしたフェイントあるいはリズムに変化をつけてから
打つことが大切だ。この0.1秒程度の「間」が金額にすると100万円あるいは
それ以上の価値となる。プロとアマの差と言えるかもしれない。

この「間」は選手たちの「勇気」から生まれると考えられる。選手は監督に
怒られたくないから,例え0.1秒でも早くシュートを打ってしまおうとする。
皆に勇気がないと言うことは監督が正しく指導していないと言うことだ。

当たり前の指導ができていない理由を想像すると,本田をどう使っていいのか
分からないで,そのことで岡田監督の頭はいっぱいだからだ。

本田をトップ下で使ったり右サイドにしてみたり,ワントップを試したりして
いるが,未だに本田は無得点のままだ。本田の使い方は完全に間違っている。
また,「俺は絶対に守備はしない」との本田の考え方はとんでもない。

カメルーン,オランダ,デンマークともにFIFAランキングは日本より上だから
ボールポゼッションも日本を上回ることは予想できる。そんな試合で本田が
最前線辺りで待っていてもボールはなかなか来ないだろう。

たまに本田にパスが通ることがあっても,相手はアッという間に本田を取り囲
んでボールを奪ってしまうだろう。これまでも何度も見た場面だ。

本田のようにフィジカルの強い選手はボールを多く触れるポジションがいいに
決まっている。W杯の本田のポジションはボランチしかないのだ。

阿部と共にボランチとして守りを固めて,数少ないチャンスに飛び出して行って
ゴールを決める,これが上位のチームと戦う本田の定位置だと思う。それに,
今度の変な試合球は本田のロングシュートには好都合に違いない。
違うと言うなら意見を聞かせてほしい。■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/65-9a1f2604
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード