スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はオランダ戦

カメルーン戦はラッキーだったことを忘れるな

韓国の2戦目はアルゼンチンが相手だったがボロ負けだった。1戦目が調子良
かったので図に乗ったものと見られる。

体力的にも勝る強いチームに対しては守りきれるものではないだろう。特に,
攻撃力に優れた韓国チームの良さがまるで発揮できなかった。

スペインに1度も勝ったことのないスイスが1点を守りきった戦い方も参考に
なる。長身選手をそろえたスイスは徹底的にゴール前を固め,その上で体力の
温存を図った。

後半,カウンター攻撃から1点をもぎ取ると,再びゴール前を固めてスペイン
の猛攻をしのぎきった。

自らの特徴を封印したチームが負けて,特徴を生かしたチームが勝ったことに
なる。勝ち負けは別として,自分たちのサッカーをやることが一番だし,それ
しかない。

さて,日本の特徴であるが局面的に数的優位をつくってボールを奪って攻撃の
起点にすることだ。これは4年前のジーコジャパンから実は変わっていない。

この戦法は後半必ずスタミナ切れとなって,逆転負けを何度も経験している。
しかし,これが日本の戦い方だから仕方ないのであって,格好良く戦おうと
考えると韓国のようなボロ負けとなるに違いない。

前半に1点とって後は何とか泥臭く守りきる,これしかないのではないか。
守りながらのカウンタ攻撃も有効だが,それが得意なフォワードがいない。
本田がカウンタ攻撃得意とは到底思えない。

カウンタ攻撃を期待して岡崎と矢野の両フォワードを途中交代で投入したが,
この交代は岡田監督の反省材料であるはずだ。

1点取った後は根性で守りきる。もし,前半1点取れなくても引き分けだ。
4年前のように逆転負けしなければ日本は進歩していることになる。ここが
明日の試合の見所だろう。

日本人と体格的に差の少ないチリの戦い方はこれからの参考になるだろう。
局面的な数的優位の戦法は日本と変わらないが,最後までそれをやり抜くだけ
のスタミナがある。

スタミナと言うよりも数人がかりで奪い取ったボールは四つん這いになっても
何が何でも取り返されないぞと言う強い意志が感じられる。ボールを奪い取っ
てもすぐに取り戻されてしまう日本とは大きな差であり,疲労度が違ってくる
のは明らかだ。

背の低い選手が四つん這いになってボールを守ると背の高い相手はなかなか
ボールを取り戻せない。大いに参考になる戦い方だ。日本がこのレベルに達す
るのは何年後だろうか。■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/67-0c105bbc
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード