スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確率70%で日本はグループリーグを突破する

明日はデンマーク戦

まずは惜敗した先日のオランダ戦を振り返ってみよう。
日本がボールをしつこく追うからだろう,オランダのボール回しは早い。日本を
疲れさせる作戦のようで,この作戦はそこそこ成功したと言える。

ボールポゼッション率はオランダが高いが,これは体力差で仕方ない。しかし,
ミスは少なくシュートも日本の方が多かったので,前半に得点できなかったこと
が日本の敗因だった。 

本田にボールが入らない。したがって本田を1トップにしていても意味がない。
後半には何か一工夫しないとゴールは難しいと感じた。

はたして後半動いたのはオランダだった。ドリブルと縦パスを多用してゴール
付近にも人数をかける攻撃モードに切換えた。理にかなった作戦である。
岡田は前後半で作戦を変更することはなく,したがって決定的に相手を崩す
場面は結局なかった。決勝ゴールとなったシュートはキーパーが取るしかない。

また,中村の途中交代意図が分からなかったし,ミスが大変多かった。岡崎・
玉田の途中交代の意味も伝わらなかった。毎度のことだが…。

トルシエやジーコの交代選手は得点に絡む場合が多かったが,岡田の選手交代
は意味不明な場合が多い。

岡田ジャパンは今年に入ってから負けっぱなしで,岡田の頭の中は真っ白に
なってしまったに違いないことは何度も指摘したが,W杯に入ってから,やっと
少し立ち直ったようだ。

どうやら岡ちゃんはじっくり時間をかけて考えると,いい作戦を編み出せるが,
試合の流れを見ながら,その時々で最適な作戦を考え最適な選手交代を実行する
などの現場でのリアルタイムな決断は大変に苦手のようだ。

危機管理の初歩として,相手のスタメンが予想と違ったら作戦をどう変更するか
とか,相手が作戦変更をしてきたらどのように対応するかなど,こまごまと
フローチャートをノートに書き込んでおいて,それを持って試合に臨めばいい。

どんな監督でも試合中は興奮しているが,そんなときでも冷静な判断ができる
監督と判断ができなくなる監督がいるように思う。判断できなくなったら,
危機管理ノートを見て決めればいいのだ。

今さらこんなことを言っても手遅れだろうが,とにかく岡ちゃんが冷静にゲーム
の流れを読みながら素早い判断をしてくれることを祈るしかない。

レッドカードをもらわず,岡ちゃんがパニックを起こさない限り,オランダの
勝つ確率30% 日本も30% 引き分けは40%と予想する。結論として70%の確率で
日本はグループリーグを突破できるだろう。■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/68-750a3afb
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード