スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマーク:背の高さが仇に


キーパーの癖を日本は知っていた

前半のデンマークの攻撃はすばらしかった。何かに気付いた遠藤と阿部が話し
合ってから,遠藤が監督の元に走った。攻撃的な布陣からいつもの守備的な
布陣に変更したのだろう,しだいに試合は落ち着いてきた。

試合後,岡田は選手間の隙間を相手に突破されるので,いつもの布陣に戻す
ように指示した,とか言っていたが,これは岡田をほめるべきでなく遠藤ら
選手たちのファインプレーではないか。

岡田ジャパンは明確に進歩した。監督の指示は絶対的だと考えて指示通りに
動いていた選手たちも岡田はたいした監督でない(?)ことに気付いたようだ。
「W杯前の国際試合4連敗の教訓」なのだろう,この選手たちは大人になった。

「サッカーがチームスポーツであることを見事に証明してくれた」と試合後に
岡田は述べている。国内での評価も「団結」を強調している。しかし海外での
評価は「本田を絶賛」しているではないか。

このレベルの試合になるとみんなが団結するのは当たり前であって,それだけ
では点が入らない。「W杯前の国際試合4連敗」が何よりもそれをよく物語って
いるではないか。

日本人もいつまでも「官僚的お上(かみ)の目線」で選手たちを見るのではなく,
選手たち一人ひとりを丁寧に評価してあげなければならない。企業における
社員評価も同じだろう。十把(ぱ)一からげでの評価法はもうやめよう。
本田がいなかったら日本は勝てなかったに違いないのだ。やはり個の力なのだ。

選手たちは勝っても謙虚だった。監督だけには反省が見られなかった。これが
次の試合に影響しなければいいが…。■

フリーキック2発については明日研究することにしよう。
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/69-86d84705
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード