スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上昇気流は岡田ジャパンに


デンマーク戦:キーパーの癖を日本は知っていた

昨日も書いたように岡田は「サッカーがチームスポーツであることを見事に
証明してくれた」などと,官僚的な感想を述べているが,試合を決めたのは
間違いなく本田と遠藤の2発だった。

本田のフリーキックはキーパーに真っ向勝負するボールで,ゴール近くでやや
キーパーの右へスライドしたが基本的にはまっすぐな強いボールであり,川島
ならボールには触っていただろう。

真っ直ぐキーパーに向かってくるボールは軌跡が見えず単にだんだんボールが
大きくなってくるので,キーパーにとっては距離感がつかみにくいのだろう。
特に壁の背が高いので本田の動きやボールのコースが読みにくかったに違いな
く,背は高ければ良いとは言いにくいのだ。

遠藤のときも同じだが,このキーパーはやや左サイドを空けて立ち,蹴るのと
同時に中央付近にポジションを取り直す癖があり,それを日本チームは事前に
知っていたのではないだろうか。

本田はこのキーパーの動き出しを確認しながら早いボールを右サイドネットへ
蹴りこんだ。事実,本田は試合後のコメントとして「キーパーが思った通りに
動いてくれたから」と話している。

キーパーの癖を見抜いたのはビデオなどの資料を詳しく調べ上げた日本チームの
技術スタッフであり,彼らのファインプレーだと思う。これからもよろしく。

遠藤のゴールはまさに驚きであった。スピンのかけにくい今回のボールに見事に
強いスピンをかけて見せ,キーパーのおそらくは想定外のコースに美しい弾道を
描いた。今回の曲がりにくいボールは日本に幸いをもたらしつつある。

この2つのフリーキックは世界レベルどころか世界レベルを超えてしまった!
相手選手たちがこのキックを防ぐための練習をしようとしても,蹴れる選手が
いないのだから,練習のしようがないのだ!

今回のW杯ではレッドやイエローカードが出やすい。特に,後ろからの反則行為
については厳しいので,本田のように新米フォワードにとってはこの上もなく
ありがたい。条件は整いつつある。

おまけに日本の選手たちは絶好調であり,スタッフも立派に機能しているから,
後は岡田がごうまんにならない限りパラグアイには勝てると予想する。■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/70-1d7688b7
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード