スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア大会(中国・広州)を心配する


U-21日本代表が中国・広州で11月7日から開催されるアジア大会に参加する。
10月6日号「FIFAは中国での国際試合を禁止しろ」でも書いたが,今中国で
国際試合をやるのは危険だ。

ジーコジャパンが中国でのアジアカップに優勝したとき,ピッチに物が投げ
込まれたり,バスが投石されたり散々な目にあったが,日本が優勝した。
近年に無い快挙だったと今でもよく覚えている。

しかし,この頃は中国政府の力が強かったらしく,警察は暴徒たちをほぼ完全
に抑えることができた。投石ぐらいではバスは壊されないし,ペットボトル
では選手が怪我をすることは無い。

しかし,最近の中国政府は反日を適当にコントロールしている。その都度の
判断で暴力行為を適宜認めてしまっている。反日が反政府に代わることを最も
恐れているからだ。今月初旬のU-19アジア選手権でも日本の国旗を暴漢が
引きちぎる事件が起こっている。防ごうと思えば防げたはずだ。

来月からのアジア大会では中国政府がどこまで反日デモを大目に見るかが
大問題である。U-19アジア選手権以上の妨害を予想しなければならない。
日本政府は中国政府と水面下で話し合っているのだろうか?
今の中国はサッカーの国際試合をやれるような状態には無いのだ。

今さらそんなことを言っても始まらないから,何が起ころうとも選手たちは
必ず優勝して無傷で帰ってきてほしい。■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/83-d4992ed6
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード