スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関塚ジャパン マレーシアを粉砕!


広州アジア大会マレーシア戦(10日)
2-0
U-21関塚ジャパンの勝ち


国旗を持って応援するマレーシアの人たちも言葉は中国語だ。アジアはどこを
向いても中国人だらけ。今日も絶対に勝ってほしい。

試合が始まると,中国戦同様にボールポゼッションは5分5分だ。確かに俊輔も
憲剛もいないから,このU-21関塚ジャパンは中盤はへたくそだ。

岡田ジャパンを思い出すと,中盤のパスは軽快に続くがいつまでもシュートが
打てない。その内に横パスを奪われて,あっと言う間に逆襲されて得点される
試合を何回見せられたことか!

「パスはうまいがシュートが下手」が今年の春ごろまでの岡田ジャパンだった。
ところが,本田圭祐が加わり,その後,香川真司が現れてから次第に得点力が
ついてきたと感じる。

その傾向はこのU-21に引き継がれているのではないか。とにかく決定力が高い。
半分ずつ攻めたり攻められたりで行ったり来たりしているが双方ともなかなか
シュートが打てない。

しかし,数少ないが2・3人がゴール前でボールに絡む場面は必ず起こる。
そのときマレーシアの場合はほとんど怖さを感じないが,日本のチャンスの
場合はものすごい迫力を感じるのだ。

「パスは下手だがシュートはすごい」のが関塚ジャパンなのである。
ロンドンオリンピックの時は香川や宇佐美も加わることになると,すばらしい
攻撃陣になりそうで楽しみだ。

もちろん守備の良さも光る。要するに攻守のバランスが良い。そして何よりも
ゴール前のシュートに至るまでの技術が,とんでもなく高いと思う。

もう「パスはうまいがシュートが下手」なサッカーは見たくない。優勝に
向かってがんばれ関塚ジャパン! 

余談だが,ピッチを取り巻く広告の変化には驚かされる。これまでの国際大会
では,どの国でやろうとSONYだTOYOTAだの日本企業の看板だらけだったが,
今回は少なくともテレビに映る部分には日本企業の看板は全くないのだ!

日本の経済力が急降下している様がよく分かる。経済力の低下をU-21の若者
たちが吹き飛ばしてくれている。■


スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/85-36c40693
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード