スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝:楢崎正剛MVP


Jリーグ創設18年目にしてキーパーのMVPは初めての受賞だ。キーパーとは皆が
何とかゴールマウスへボールを叩き込もうとするのを体を張って防ぐのが仕事の
変な役回りだ。

そんな役目をコツコツとこなして最高のゴール阻止率を記録しての受賞である。
キーパーと言えば川島永嗣がベルギーでプレーしている。活躍はあまり聞こえて
こないが…。

キーパーも含めてディフェンスの選手が話題になることは少ないのだが,少し
振り返ってみるとアジアの壁と言われた井原正巳やオーストリアで活躍した
宮本恒靖が思い浮かぶ。中澤佑二や闘莉王も世界的に通用する選手だと思う。
毎週のようにニュースが届く長友や内田も日本を代表するディフェンダーだ。

日本のサッカーを世界に知らしめたのは中田英寿や中村俊輔らの中盤の選手で
あり,パスサッカーを作り上げた。しかし,パスをぐるぐる回しても試合に
勝てないことを証明したのは岡田ジャパンだった。

本田圭佑や香川真司の出現はパスを回すだけの日本のサッカーを決定力の高い
魅力的な方向へと転換させるきっかけを作りつつある。サッカーをつまらない
スポーツにしてしまった岡田ジャパンに比べると,キーパーからフォワード
まで世界でも活躍できる選手を集められる来年からのザックジャパンは大いに
期待できそうだ。

話を名古屋グランパスに戻そう。派手で攻撃的な選手だったストイコビッチの
率いるこのチームは,実はディフェンスがいいから勝てたのである。レッズで
監督とソリの合わなかった闘莉王をすばやく取り込んだのも大きい。

失点が少なかったことが何よりも優勝の要因だろう。得点王のケネディに守り
が集中するから玉田がフリーになりやすく,得点の機会にめぐまれた。

MVPは闘莉王でも良かっただろう。闘莉王の動きを見ていればどこからシュート
が飛んでくるかが読めるから,楢崎のゴール阻止率が向上したとも考えられる。

来年のJリーグも名古屋を中心に動くものと予想される。選手層がますます厚く
なりつつあるザックジャパンはほんとに楽しみだ。来年のアジアカップは圧勝
でスタートしてほしい■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/87-6228a207
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード