スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア杯2011ザックジャパン


クリスマスイブに,2011年アジア杯を目指すザックジャパンのメンバーが発表
された。

Jリーガーでは最近活躍が著しい広島の槙野 清水の藤本 浦和の柏木などが
選ばれていることに異論はない。何より安心できるのは去年と今年の2年連続
得点王となった磐田の前田遼一が選ばれているのは,安心感がある。

安心感とはサッカーファンならばほとんど誰でもが選ぶであろう選手たちが
当たり前に選ばれていることを意味しており,ザッケローニが癖の少ない性格
であることを感じさせてくれる。

思い出したくもないが,オシム監督の就任当時は,どっ千葉の選手ばかりを
やたらに全日本に選んで,大事な国際試合を黒星で塗りつぶしてくれた。理屈
ばかりで結果が伴わなかった。トルシエ~ジーコと取り続けたアジア杯も見事
に取りこぼしてくれた。

引き継いだ岡田監督も「癖を個性と勘違いして」気ままに選手を選んでいた。
前田が得点王だろうと使わなかった。どうして前田が上手に得点を重ねるのか
理解できなかったのだろう。それは勉強不足というものだ。自分より実戦に
たけている鹿島の小笠原をワールド杯メンバーからはずした。

それまでトップを走っていた鹿島はW杯後に徐々に順位を下げて結局4位に終
わってしまった。小笠原がやる気をなくしてしまったからに他ならない。
オリベイラ監督も無言である。小笠原の気持ちが痛いほど分かるからだろう。

そのてん,W杯に選ばれなくても淡々と努力して今年もまた得点王となった
前田の落ち着いた態度は尊敬に値する。

選手に癖があってもいいが監督には無いほうが良い。癖のある選手たちを束ね
て,癖のないチームに仕上げるのが監督の仕事だから。サッカーはバランスの
ゲームだからチームに癖は要らない。

オシムが失ったアジア杯をザッケローニが取り戻してくれるものと信じている
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/90-9b3e64bd
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード