スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝:天皇杯アントラーズ優勝


アントラーズ対エスパルス 2:1

MVPを選ぶならば得点を挙げた野沢やフェリペ・ガブリエルが候補に上がる
だろうが,やはり小笠原を選ぶのが正解ではないだろうか。

エスパルスが準決勝でガンバを3-0で撃破した立役者は巧みなボールさばきで
攻守に目を見張る活躍をした小野伸二である。

守備力はNO1であるが攻撃力にやや難のあるアントラーズにとっては小野に
また活躍されては大いに困るのであり,何としてでもその動きを止める必要が
あった。

小野の動きを封じたのは小笠原である。カードすれすれの激しい当たりで小野
に仕事をさせなかっただけでなく小野は戦意を無くしてしまったとさえ言える。

小野が普通の働きならばエスパルスも普通のエスパルスとなるから,それなら
マルキーニョスがいなくてもアントラーズの方が試合巧者で分がある。

エスパルスがボールを支配する時間帯も少なくはなかったがシュートチャンス
の多かったアントラーズが紙一重かもしれないが,力の差を見せて優勝した。
「ピッチ上の監督」が相手のキーマンをねじ伏せたのが最大の勝因であろう。

残念ながらザッケローニはが小笠原を使うことはないだろう。誰でも体力が衰
える時が来るからだ。ビスマルクは小笠原をとことん指導したようだ。小笠原
も野沢を跡継ぎに選んだようである。

自分さえ良ければそれでいいのではなく,後輩を指導しながらチームの結束を
固めるやり方は,外国人も加わりながらではあるが,いかにも日本的である。
ザッケローニもアントラーズから目が離せないに違いない■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/91-58c61794
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード