スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン戦:意地だけは高く評価したい


アジア杯対ヨルダン 1:1

■FIFAランキング100位以下でこのところランクを下げているヨルダンに対し
ザック監督になってから上り調子のジャパンだから負けはありえないだろう。
順当に先取点が取れたら,いろいろと試したいことがあると思われる。

■前半5分頃,遠藤の全く無意味な横パスを奪われ攻撃される場面があった。
前半は様子を見ようとする気持ちは分かるが,国際試合では通用しない。
幾ら評価上で差があっても,国の威信がかかる国際試合では何がおこるか分か
らない。

相手が慣れてきた25分頃から縦パスがほしいが遠藤はバランスをとりたがる。
形にこだわってはダメだ。パスを回してボールをキープするのは良いが点を
取らないと,ディフェンスが暇になってしまい集中力をなくしてしまう。
結局,先取点を許してしまった。

前田を李に代えたが前田の問題ではない。遠藤の問題だ。
遠藤はすばらしい選手だが考え方が古いと思う。止まった状態でのバランス
ではなくて,動きながらのバランスが大切だと思う。Jリーグと同じことを
考えていたらダメだ。

今日はつきも無かったが,つきも呼び込むもの。次の試合は消極的な遠藤で
なく,別の選手を使うべきだ。そうすれば勝てる。

本田は調子が悪そうだ。遠藤に代わってボランチに使ってはどうか。とにかく
前へ前へと進むサッカーを見せてくれ。ボールをくるくる回すサッカーはもう
見飽きている。

引き分けたのはアジアの王者としての意地だろう。
この意地だけは高く評価したい■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/92-4ec9d1a3
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード