スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次は香川に期待する


アジア杯対サウジアラビア 5:0

松井と本田の怪我が気になる!松井は帰国が決まった。本田の代わりに柏木が
スタメンデビューとなったが,正解だろう。なぜなら,相手は予選敗退が決ま
っているから,最初だけがむしゃらに突っ込んでくるに違いない。本田の怪我
を悪化させないためにも,柏木の先発は正しいと思う。

柏木は大試合に不慣れだから,今日も遠藤がゲームをコントロールすることに
なり,試合結果は遠藤のできにかかっている。日本のためにがんばってくれ!

試合が始まると日本の選手たちの動きが全体的に鈍い。相手が今日はいけると
思った瞬間だった。遠藤からのロングパス1本に抜け出した岡崎があっさりと
決めてしまった。日本にスイッチが入ってしまった。

これまでの2試合との大きな違いは先取点を取っても攻め続けたことだ。毎試合
予定通りに進歩している。こうなると後はもう消化試合だ。

13分,香川からのボールは前田がおとりになって岡崎がダイビングヘッドを決
めた。岡崎が一番好きなパターンではないか。

18分,左サイドの長友から前田へ浮き球を前田らしくトリッキーに決めた。

3点取られると相手は何となくロボットのようにサッカーをやっているだけで,
気持ちが入っていない。この3点で試合は完全に決まってしまった。

後半は相手は本気で攻める気がないので,楽な後半となった。キーパーの西川
や柏木も良かった。伊野波も途中交代したが1アシストの活躍である。その他,
交代した岩政も落ち着いていた。

先発メンバーが代わったり,複数の途中交代選手がピッチに入ると,これまでは
選手たちの動きがばらばらになって試合にならない場合が多かったが,今回は
誰が入っても,そこそこ戦えたのはすばらしい。

交代選手が入るとパスの出し手と受け手の呼吸が合わず見ていていらいらするが,
5分もパスを回しているうちに,タイミングが合うようになって来る。
くせのない経験豊富な監督の眼があるので選手たちは安心して練習通りのことを
やるだけと,割り切っているからだろう。頼もしいチームに育ちつつある。

遠藤は途中交代したが,合格点だ。他の選手が一休みしたがっても,遠藤だけは
ボールを前へ運ぼうとしていた。監督の教育的指導のおかげだろう。結果として
岡崎のハットトリックが生まれたとも言える。

こういう肩の力の抜けた試合ができれば,ランキング上ではるか格下のこれらの
チームと対戦して5-0程度のスコアは当たり前のはずなのだ■

スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/94-3d55c91b
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード