スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次は韓国をボコボコに

アジア杯対カタール 3:2

カタールは開催国であり,2022年W杯開催予定国でもあるから,絶対に勝ちたい
試合だろう。そんなチームを叩き潰すのは,この上もない楽しみである。

前田が本調子になり岡崎は絶好調な上に,本田が戻ってくる日本の攻撃陣を
相手のディフェンダは防ぎきれないだろう。少しでもすきを見せると香川の
シュートが待っている。今日は香川が決める日だ。

だから,相手は守れないならば攻撃するしかないので,超攻撃的に先取点を
取りに来ると考えられる。今日の主役は,やはりボランチの遠藤であろう。
遠藤や長谷部がしっかり守り抜き,奪ったボールを如何にすばやく前へ運べるか
が今日のポイントとなる。バックパスは厳禁だぞ!
これからのアジアサッカーを象徴するようなすばらしいゲームを期待しよう。



試合が始まった。開始10分までは日本も慎重だったし,相手は攻めようとしても
体がカチカチで鋭さを欠いていた。13分カタールの一人が足を痛めて退場した。
どうにか試合にうまく入れたな,と皆そう感じたのではないか。この瞬間,
日本に油断が生じた。一瞬棒立ちになったディフェンダの裏をつかれてあっさり
失点してしまった。よくある失点のパターンである。

日本が追いついたのは細かいパスから例によって岡崎が飛び出したのに合わせて
香川が決めてくれた。予想通りである。

遠藤がいるのかいないのか分からない。吉田の退場も吉田だけの責任ではない。
しかし,皮肉なことに10人になってから遠藤の存在が見えてきて,一人少ない
日本の方がよほど組織的で攻撃的であった。

遠藤は今日は守りを重点的に戦うように指示されていたのではないか。だから
指示がこれまでと違ったため,攻めて良いのか守っていいのか中途半端だった。
実力ではかなりの差があるのに,試合を難しくしてしまった。

うみ太郎の予想通り,今の日本の攻撃力はアジアのチームでは止められない。
だから,裏を取られて突然の失点をしない限り,次も負けはないだろう。
次は,決勝戦に備えて本田のシュートを期待しよう■



スポンサーサイト

comment

  サッカー小僧 ほった #kvKmIYnA URL

香川の得点に救われましたね。
吉田退場した時は焦りました。

準決勝個人的には日韓戦みたいですね。
秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/95-f271ba3b
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード