スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア杯決勝…日本人は守らない


前号でも書いたようにザックは1点のリードを守りきろうとして失敗した。
勝って当たり前の試合を危うくした。

うみ太郎は日本史に詳しくはないが,日本の歴史の中で例えば城を攻められて
守りきった例はあまりないのではないか。

必死に守るよりも迎え撃つのが日本流。城だってもっと頑丈な城を作る技術は
あるのだが,石垣以外は木造建築であり火をつけられたらひとたまりもない。
ヨーロッパの城のような石で固めたのと違うのは,もともと守りきるつもりが
ないからだろう。

オーストラリア戦では日本が先取点を上げて,そのまま持ちこたえることだ。
守りきるのではなく点を取られたら取り返して,最終的に少ない点差でもいい
勝ちきることだ。

守りきろうとしたら,やられる。勝敗はザックの采配にかかっている。

香川が抜ける実質的なマイナスだけでなく,所属するドルトムントの監督は
ザッケローニを「ばかやろー!」と言っているに違いないので,つらい。

小指付け根の骨折は疲労骨折のようにして起こることが多いらしく,選手たち
の健康や体調への気配りにかける,と指摘されかねない。

ザッケローニは絶対に負けられない。これまでの勝利は「つき」だけでない
ことを示さないと,男がすたる■
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://umi2umi.blog86.fc2.com/tb.php/97-fd15cf77
 プロフィール 

うみ太郎

Author:うみ太郎
ザッケローニ・ジャパン応援団。

  

うみ太郎
ホームページへもどうぞ。

 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 ブロとも申請フォーム 
 最新トラックバック 
 QRコード 

QRコード